現在地

初診の方・再診の方へー診療のご案内ー/当院での受診の流れ、診療科をご案内しています。診療科案内では担当医、診療内容がご確認できます。

診療科紹介

担当医

補職名 氏名 出身大学・経歴 学会認定医等
部長 中村  肇 
なかむら はじめ
S59年 藤田保健衛生大学医学部卒
H2年 藤田保健衛生大学医学部大学院卒(医学博士取得:病態循環器学)
H2年~ 東京目白第三病院 胸部心臓血管外科
H4年~ 藤田保健衛生大学医学部 胸部外科講師
H6年~ 当院へ着任
日本外科学会専門医
日本循環器学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
日本胸部外科学会認定医
日本外科学会認定医
医学博士
副部長 城田 和明
しろた かずあき
H3年 浜松医科大学医学部医学科卒
H3年~ 名古屋第一赤十字病院 全科研修、救急、外科、小児外科
H5年~ 同院 心臓血管・呼吸器外科医員
H8年~ 名古屋大学医学部付属病院 心臓外科医員
H9年~ 豪州、シドニー、ロイヤル・ノース・ショア病院 上級研究員
H12年~ 豪州、シドニー、セント・ジョージ病院 心臓・胸部外科臨床医員
H15年~ 当院へ着任
H17年 医学博士取得(名古屋大学: 慢性心不全に対する心筋形成術の効果)
H21年 名古屋大学医学部臨床講師
心臓血管外科修練指導医
日本外科学会専門医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
日本血管外科学会学会認定血管内治療医
日本胸部外科学会認定医
日本外科学会認定医
心臓血管外科学会国際会員
アジア心臓血管外科会員
日本病院会臨床研修指導医
JATECコース修了
医学博士
医長 戸塚 裕一
とつか ゆういち
H20年  琉球大学医学部医学科卒
H20年
 静岡済生会総合病院 初期臨床研修医
H22年
 琉球大学医学部附属病院 胸部心臓血管外科
H23年
 沖縄南部徳洲会病院 外科
H25年
 琉球大学医学部附属病院 胸部心臓血管外科
H29年
 当院へ着任
日本外科学会専門医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術実施医
腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医
非常勤医師 高野橋 暁
たかのはし あきら
H14年  藤田保健衛生大学医学部医学科卒
H14年
 名古屋掖済会病院 全科研修
H16年
 同院 心臓呼吸器血管外科医員
H23年
 名古屋大学医学部付属病院 心臓外科医員
H24年
 当院へ着任
心臓血管外科専門医
日本外科学会専門医
日本循環器学会専門医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
腹部大動脈瘤ステントグラフト実施医
JATECコース修了

ページトップへ

外来担当医表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 城田 和明 高野橋 暁
(~10:30)
中村  肇 城田 和明 中村  肇
2診 戸塚 裕一 中村  肇
ペースメーカー外来(1回/月)
休診・代診・異動情報

土曜、日祝日、年末年始(12/29~1/3)は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

【休診】
医師名 休診日
城田 和明 10月21日(月)・31日(木)、11月28日(木)
中村  肇 10月23日(水)・25日(金)
【代診】
医師名 代診日
戸塚 裕一 10月21日(月)・25日(金)・31日(木)、11月28日(木)

ページトップへ

胸部・心臓血管外科の紹介

当科の基本方針

 「身体に優しく、心に優しい医療」をモットーに患者様ひとりひとりに合わせた安全で良質な手術・治療を目指しています。

下肢静脈瘤・血管治療センター

 足の太い血管がボコボコと蛇行したように浮き出る、細い血管が集まった状態になって見える、といったものは、下肢静脈瘤の可能性があります。他に症状としては、足がむくむ、だるい、足がつるなどの自覚症状がでる場合があります。そのまま放っておくと、症状が進行し色素沈着や潰瘍に至るケースもあります。また、下肢静脈瘤の方は、静脈瘤に血液が溜まりやすく血栓という血の塊ができることがあります。そのため、肺塞栓症をおこしエコノミークラス症候群の原因になることがあるとも言われています。
 当院では7年前に、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術が保険適応となると同時期に導入しました。最近ではこの治療を行う施設も増えてきましたが、当院は現在までに1800例、2300肢以上という多くの経験を持っています。

レーザー治療装置

 このレーザーは1470nmの波長で(今までのものは980nm)、水に対する親和性が高く、 レーザーも血管壁に対して全周性に照射でき、治療効率が上がるとともに、合併症が少なく、 疼痛や皮下出血といった症状も初期のレーザーに比べて格段に少なくなります。
 費用はこれまでとほぼ同じで、片足の場合、保険適応で¥50,000程度です。

  • ELVeS 1470
高周波治療装置

 この装置もレーザー同様に下肢静脈瘤の原因となる静脈を焼灼しますが、レーザーを使わずに高周波を使用します。 焼灼温度が128℃と低いのが特徴で、周囲組織へのダメージを減らし、やはり合併症が少なく、疼痛や皮下出血といった症状も格段に少なくなります。 患者さんの状態等により、レーザー治療装置と使い分けています。

  • ELVeS 1470
「下肢静脈瘤・血管治療センター」の立ち上げ (平成26年9月1日より)

 また、これらの装置導入を機に、当院では「下肢静脈瘤・血管治療センター」を立ち上げます。
 静脈瘤だけでなく血管疾患全般の治療を、より積極的に行っていきたいと考えています。

腹部大動脈瘤のステントグラフト治療

 大動脈とは、心臓から出る最も太い血管(動脈)で、胸部から腹部にかけて枝を出しながら通っています。これが「こぶ」の様に膨らむのが大動脈瘤です。これは徐々に拡大し、破裂すると生命の危険があります。腹部に出来たものは、開腹手術を行って動脈瘤を切除し、人工血管に取り替えるのが一般的でしたが、腹部を切らずにカテーテル式にステント(金属の支えの様なもの)付きの人工血管を挿入するのがステントグラフト内挿術で、テレビでもしばしば紹介されています。  当院でも、この治療法を積極的に行っています。また、腹部を切らないため、術後の回復も早く、入院期間も短縮でき、何より患者さまの負担が軽くなります。  解剖学的に制約もあり、すべての患者さまに適応できるとは限りませんが、迷っておられる患者さまは一度ご相談ください。

腹部大動脈瘤のステントグラフト治療

胸部・心臓血管外科の主な疾患に対する治療方針
【1.狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患】

 循環器内科による心臓カテーテル検査の結果、複数の冠動脈に狭窄がある場合やカテーテル治療が困難と判断された場合は冠動脈バイパス手術が必要となります。手術は、人工心肺装置(体外循環)を用い心停止下にバイパスを行う従来の方法の他に、高齢者、大動脈硬化症や脳血管障害既往患者など体外循環によって害を及ぼす可能性が高いと考えられる患者様に対しては、人工心肺装置を用いず心臓が拍動したままにバイパスを行う手術も行っており、良好な成績を得ています。

【2.大動脈瘤(動脈硬化性、解離性)】

 大動脈瘤は基本的に大きさが5cmを越えるものは人工血管置換手術の適応となります。胸部大動脈瘤については瘤の部位、形状、患者様の年齢や合併症等により治療方針や手術方法が異なります。腹部大動脈瘤はほとんどが動脈硬化性で、近年高齢化に伴い罹患率は高くなってきています。腹部に拍動するしこりを認めれば、早めに受診することが必要です。破裂前に手術を施行すれば、高齢の方でも手術は安全に行えます。また、ステントグラフト内挿術(前述)という、より侵襲の少ない治療法も積極的に行っています。
 大動脈解離症は緊急性を必要とします。これは生命を脅かす大病で突然発症した胸痛や腰背部痛はこの疾患を疑います。すぐに救急車を要請して来院してください。

【3.弁膜症】

 弁膜症は、大動脈弁、僧帽弁、三尖弁のそれぞれについて、硬く狭くなる狭窄症、逆流が生じる閉鎖不全症があります。弁膜症は主に心雑音によって偶然発見されることがあり無症状に経過する期間が長く、息切れなどの症状を自覚した時には既に心筋のダメージが予想以上に進行してしまっていることがあります。手術を安全に行うためには心不全に陥る前に行うことがすすめられます。手術は弁を人工のもの(機械弁・生体弁)に取り換える弁置換術が主ですが、僧帽弁閉鎖不全症に関しては壊れた程度によっては自己弁を温存し修復する弁形成術が可能です。弁膜症の手術成績は心機能によるところが大きく、いたずらに手術を引き延ばすべきではないと考えます。外科治療を念頭にいれて循環器専門医による評価と定期的な受診が必要です。
 また、弁膜症に合併した心房細動には、メイズ手術を同時に行うことによって、洞調律に回復する可能性もあります。

【4.慢性心不全】

 虚血性心不全や拡張型心筋症などにて、重症の慢性心不全に陥ってしまった患者様には、左心室形成術に両心室ペーシング療法(心臓再同期療法)を組み合わせ、当院不整脈科チームと協力し、できる限り日常生活を質良く送っていただけるよう努力しております。

【5.閉塞性動脈硬化症(ASO)】

 下肢の痛み、冷感、しびれ、特にある一定の距離を歩行すると下肢に痛みが生じ、休むと歩行可能になる(間歇性破行)症状は下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)の主症状です。当科を受診してください。足の動脈に狭窄や閉塞がある場合は、局所麻酔下にカテーテルによるバルーンで狭いところを広げ、ステントという金属の支えを挿入し、再狭窄を防ぎます。それができないような場合には外科的バイパス手術(別の血管の通り道を作る)を施行します。さらにバイパス手術もできないような場合は点滴治療などの薬物療法も行います。 また四肢の急性動脈閉塞症(急性の痛み、冷感、色の悪化)は発症後迅速な処置が必要となりますので、すぐに救命センターを受診してください。
 動脈硬化症・下肢の虚血については、軽傷から重症まで、外来通院から入院まで、内服・運動治療からカテーテル治療・手術・点滴治療まで、と、全般に渡っての診断・治療を進めています。したがって、個々の患者様に最適な治療法を選択することが出来ます。

【6.下肢静脈留】

 足の静脈がこぶの様にぼこぼこと膨らむ病気(静脈瘤)が見られる場合は、お気軽に当科にご相談ください。硬化療法といって、外来にて局部注射によって静脈怒張を失くす方法があります(所要時間15分程度)。こむら返りや下肢倦怠感などの症状、色素沈着、浮腫、皮膚炎、皮膚潰瘍などがみられる場合は、高位結サツ術といわれる外来で行う小手術(所要時間30分程度)や、2泊3日入院にて下半身麻酔で行う、より根治的な静脈瘤抜去・切除術があります。

【7.下肢深部静脈血栓症】

 俗に言うエコノミークラス症候群と言われているもので、下肢の深部静脈に血液の固まりができ、静脈の血流が停滞するために突然の急激な下肢の腫脹・むくみを来たします。発症後一週間以内であれば、特殊なカテーテルによる血栓溶解療法などが有効です。軽く考えていると、血栓が肺まで飛散し、肺梗塞を併発し、生命を脅かす危険性がありますので、あまり動き回らずにすぐに受診してください。

【8.血液透析用シャント作成】

 当院の透析センターや各透析クリニックからの依頼により、血管外科専門医でなければ行えないような困難な例を中心に、あらゆる技術を駆使しより良く長持ちするようなシャントを作成しています。

【9.気胸】

 肺がパンクしたような状態になったものが気胸です。肺から空気が漏れて胸の中にたまり、このため肺はしぼんでしまいます。何らかの原因(タバコなど)で肺に風船のような袋(ブラ)ができ、これが破れて起こるのが「自然気胸」です。急に胸が痛くなり、呼吸が困難になります。初回であれば、ドレーンという管を胸に挿入して漏れた空気を吸引することにより、肺は元通り拡張します。空気の漏れが止まらない時や、再発を繰り返す場合は手術により肺にできた風船のような袋(ブラ)を切除します。ほとんどが小さい傷で内視鏡を使用した「胸腔鏡下ブラ切除術」を行います。


ページトップへ

NCD事業への参加について

 当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
 この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
 この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

この診療科にかかりたい方はこちらへ病診連携についてのご案内


ページトップへ