現在地

初診の方・再診の方へー診療のご案内ー/当院での受診の流れ、診療科をご案内しています。診療科案内では担当医、診療内容がご確認できます。

診療科紹介

担当医

補職名 氏名 出身大学 学会認定医等
部長 稲葉 直之
いなば なおゆき
金沢大
(平成2年卒)
日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医
非常勤医師 大村 和規
おおむら かずき
北里大
(平成20年卒)
日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
日本糖尿病協会療養指導医

ページトップへ

外来担当医表

  • ★初めて受診する場合は、当科あての紹介状が必要となります。
  • ★初診・再診予約制(初診の電話予約が可能です)(詳細はこちら)
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 稲葉 直之 稲葉 直之 稲葉 直之 稲葉 直之 稲葉 直之
2診 - 大村 和規 - - -
休診・代診・異動情報

土曜、日祝日、年末年始(12/29~1/3)は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

ページトップへ

内分泌代謝科の紹介

施設認定
  • 日本内科学会認定医制度教育病院
診療科の特色

 糖尿病や高脂血症などの代謝疾患を中心に、甲状腺疾患や下垂体疾患、副腎疾患などの内分泌疾患も広く取り扱い、内分泌代謝の専門医療を行っております。特に近年増加の一途をたどっています糖尿病患者さまを対象とした治療・教育入院システムは長い伝統を誇っています。

主な疾患に対する治療法
【糖尿病】

 糖尿病は沈黙の病気とも言われるように、それ自体では症状のないことが多いですが、知らず知らずのうちに進行すると3大合併症 (神経障害、網膜症、腎症) をきたし、足壊疽、失明、腎不全を引き起こすことになります。また糖尿病は動脈硬化と関係し、脳梗塞や心筋梗塞の危険性も増えることがわかっています。糖尿病治療の原則は3大治療法 (食事療法、運動療法、薬物療法) です。糖尿病治療をこれから始める方、糖尿病コントロールの悪い方、進行した糖尿病合併症のある方には糖尿病教育入院をお勧めします。当院には糖尿病専門スタッフ (糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士) が複数名おり日常生活の指導、自己血糖測定指導、インスリン自己注射指導、服薬指導などを行っています。

【甲状腺疾患】

 主な疾患として、バセドウ病、甲状腺機能低下症(橋本病)があります。

  • <バセドウ病>
    甲状腺がはれ、甲状腺ホルモンが高くなり動悸がしたり眼球が突出したりします。採血の検査や、甲状腺シンチという少量の放射性物質を使って写真をとる検査をします。抗甲状腺剤の内服治療が原則です。
  • <橋本病>
    甲状腺ホルモンが低くなる病気です。ヨードをふくむ食品は避けて頂き、甲状腺ホルモン補充療法 (内服) をしていただきます。

この診療科にかかりたい方はこちらへ病診連携についてのご案内


ページトップへ