現在地

初診の方・再診の方へー診療のご案内ー/当院での受診の流れ、診療科をご案内しています。診療科案内では担当医、診療内容がご確認できます。

診療科紹介

担当医

補職名 氏名 出身大学 学会認定医
部長 鈴木 康弘
すずき やすひろ
名古屋大
(昭和60年卒)
日本神経学会指導医
日本神経学会専門医
日本脳卒中学会専門医
副部長 篠江 隆
しのえ たかし
東北大
(平成2年卒)
日本神経学会指導医
日本神経学会専門医
日本内科学会認定内科医
副部長 兒島 辰哉
こじま たつや
名古屋大
(平成9年卒)
 
非常勤医師 吉井 仁
よしい じん
名古屋大
(昭和59年卒)
 
非常勤医師 髙森 元子
たかもり もとこ
名古屋大
(平成9年卒)
日本神経学会指導医
日本神経学会専門医
非常勤医師 數田 知之
かずた ともゆき
名古屋大
(平成23年卒)
日本内科学会認定内科医

ページトップへ

外来担当医表

  • ★初めて受診する場合は、当科あての紹介状が必要となります。
  • ★初診・再診予約制
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 篠江 隆 鈴木 康弘 吉井 仁 鈴木 康弘 篠江 隆
2診 兒島 辰哉 髙森 元子 數田 知之 兒島 辰哉 髙森 元子
休診・代診・異動情報

土曜、日祝日、年末年始(12/29~1/3)は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

ページトップへ

神経内科の紹介

施設認定
  • 日本神経学会専門医教育関連施設
  • 日本脳卒中学会認定教育病院
特徴
  • 昭和52年、名古屋大学から初代斎藤勝医長が赴任以後、30年以上静岡市での神経疾患診療の中核病院です。
  • 当科入院患者の約40%は急性期脳梗塞患者であり、とりわけ脳梗塞の急性期治療および予防に力を入れています。
  • 脳梗塞急性期治療としての再開通療法は20年以上の歴史があるためt-PA治療の経験も豊富です。
  • また発症早期より広汎な半球症状や脳幹症状を呈しかつ相当する脳主幹動脈閉塞が確認された重症患者には、マイクロカテーテルを用いた血管内治療を積極的に行っています。
  • アテローム血栓性脳主幹動脈閉塞症には場合により経皮的脳血管形成術を併用と、重症度・原因別に治療を行っています。
  • 平成19年度からは脳卒中センターを開設し、脳神経外科と共同で脳血管障害の超急性期治療及び予防に取り組んでいます。
  • 名古屋大学の関連病院であり、遺伝子診断、神経筋疾患の生検、頸動脈内膜剥離術、ステントを用いた頸動脈血管形成術は大学と密な連絡をとっています。
入院統計
疾患名 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
脳梗塞
(うちアルテプラーゼ使用例)
268
(46)
234
(51)
231
(46)
211
(34)
209
(28)
206
(29)
207
(26)
240
(45)
脳出血 11 10 4 4 6 5 2 2
てんかん 34 30 29 33 20 13 30 25
めまい 14 6 19 14 5 5 6 6
意識消失 7 0 6 3 4 7 9 3
一酸化炭素中毒 9 10 13 19 11 9 7 6
パーキンソン病 12 14 16 16 8 14 15 14
髄膜炎・脳炎 13 18 11 15 8 11 11 8
多発性硬化症 5 14 11 6 3 5 8 8
重症筋無力症 2 0 0 5 10 9 5 8
アルツハイマー病 1 3 4 6 3 2 0 4
頸椎症 4 1 1 3 4 3 3 4
アルコール性神経障害 7 0 2 1 1 0 1 2
ギラン・バレー症候群 3 1 1 3 0 2 3 4
筋萎縮性側索硬化症 6 1 0 3 4 3 3 3
脊髄小脳変性症 0 2 4 2 2 0 0 1
一過性全健忘 2 0 0 0 0 2 0 0
CIDP 0 0 0 0 8 1 1 1
筋ジストロフィー 0 1 1 1 0 0 1 1
その他を含めて計 585 517 514 519 462 451 445 476

この診療科にかかりたい方はこちらへ病診連携についてのご案内


ページトップへ