現在地

初診の方・再診の方へー診療のご案内ー/当院での受診の流れ、診療科をご案内しています。診療科案内では担当医、診療内容がご確認できます。

診療科紹介

※ 一般のスポーツ外傷の方への高気圧酸素治療は行っていません(詳細はこちら)

担当医

補職名 氏名 出身大学 学会認定医等 専門領域
部長 伊藤 英人
いとう ひでと
新潟大
(平成9年卒)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
整形外科一般
脊椎外科
医長 小倉 跡夢
おぐら あとむ
高知大
(平成18年卒)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
整形外科一般
医長 土川 大介
つちかわ だいすけ
昭和大
(平成18年卒)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
整形外科一般
医長 津久井 亨
つくい とおる
杏林大
(平成20年卒)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
整形外科一般
脊椎外科
関節外科
医長 岩野 壮栄
いわの しげはる
名古屋市大
(平成21年卒)
日本整形外科学会専門医 整形外科一般
医師 伊東 翼
いとう つばさ
名古屋市大
(平成23年卒)
日本整形外科学会専門医 整形外科一般
手外科
医師 山賀 崇
やまが たかし
藤田保健衛生大
(平成24年卒)
日本整形外科学会専門医 整形外科一般
医師 野村 貴紀
のむら たかのり
関西医大
(平成27年卒)
整形外科一般
非常勤医師 天野 貴文
あまの たかふみ
山梨医大
(平成16年卒)
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
整形外科一般
関節外科
補職名 氏名 出身大学 学会認定医等 専門領域
手外科・マイクロサージャリーセンター部長
兼 リハビリテーション科
部長
矢﨑 尚哉
やざき なおや
三重大
(平成8年卒)
日本整形外科学会専門医
日本手の外科学会専門医
整形外科一般
手外科
マイクロサージャリー

ページトップへ

外来担当医表

  • ★再診予約制
  • ★担当医(左 第1、3、5曜日/右 第2、4曜日)
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 山賀 崇 小倉 跡夢 野村 貴紀 伊東/土川 岩野/津久井
1診 土川 大介 岩野 壮栄 伊藤 英人 小倉 跡夢 伊藤 英人
2診 伊東 翼 矢﨑 尚哉 津久井 亨 矢﨑 尚哉 野村 貴紀
3診 山賀 崇
午後診
天野 貴文
(第3木曜)
休診・代診・異動情報

土曜、日祝日、年末年始(12/29~1/3)は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

【休診】
医師名 休診日
伊東 翼 11月21日(木)
土川 大介 11月28日(木)
矢﨑 尚哉 11月28日(木)
山賀 崇 11月28日(木)
【代診】
医師名 代診日
土川 大介 11月21日(木)
伊東 翼 11月28日(木)

ページトップへ

整形外科の紹介

主な手術実績(過去4年間)
  2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
脊椎手術 頚椎
(頸髄症、靱帯骨化症、椎間板ヘルニアなど)
21 18 21 10
胸腰椎
(脊柱管狭窄症、靱帯骨化症、椎間板ヘルニアなど)
83 89 74 46
脊椎外傷
(脱臼骨折、破裂骨折など)
14 12 11 10
椎体偽関節に対するBKP 6 6 10 12
脊柱変形
(後彎症、側彎症など)
9 3 4 4
脊椎・脊髄腫瘍 3 3 1 1
その他(抜釘、脊椎炎など) 10 6 8 15
小計 146 137 129 98
関節手術 人工股関節置換術(再置換術) 26 18 33 11
人工膝関節置換術(再置換術) 31 22 16 37
人工骨頭置換術(肩、股関節) 73 73 101 91
関節鏡手術(半月板、靱帯損傷など) 9 18 26 16
小計 139 131 176 155
手外科手術
【詳細はこちら】
肘関節以遠のすべての手術 565 577 592 653
小計 565 577 592 653
外傷手術(手外科手術を除く下肢・鎖骨、骨盤骨折手術など) 348 366 331 366
骨軟部腫瘍(手外科手術を除く) 8 14 10 10
その他手術(手外科手術を除く関節炎、骨髄炎、抜釘術など) 134 103 129 138
総手術件数 1340 1328 1367 1420
当科における診療の取り組み

当院の整形外科では「脊椎疾患」「変形性関節症(人工関節)」と「外傷(緊急含む)」を中心に診療を行っています。その他、関節リウマチ、骨粗鬆症などの診療に取り組んでいます。

  • 骨粗鬆症の治療施設検索

  • 診療についての基本方針

    腰や手足が不自由な患者様の最善の治療を、患者様と共に考え行っていきたいと思っています。 整形外科の治療法には、大きく分けて保存療法(手術をしない方法)と手術療法があります。それぞれのメリット、デメリットを常に考え治療方法を選択しています。

    主な疾患に対する治療法
    【脊椎の疾患】

    薬物療法、リハビリ、硬膜外ブロック、神経根ブロックなどの保存療法で治らない場合に手術を選択します。手術前にはMRI、CT、脊髄造影検査、選択的神経根造影検査などを行って、「どこをどのように治療すれば最良の治療法であるか」を徹底的に検討しています。

    • <腰椎椎間板ヘルニア>
    • 小さな切開で顕微鏡を使った椎間板摘出術を行います。大きなヘルニアで椎間板がぐらぐらしている場合は、脊椎固定術を行うことがあります。

    • <腰部脊柱管狭窄症>
    • 筋肉を温存し、脊柱の構築を損なわないで神経の圧迫をとる椎弓形成術を行います。ヘルニアと同様に、椎間板がぐらぐらしている場合やすべり症を伴う場合には、金属を用いた脊椎固定術を行うことがあります。

    • <頚髄症>
    • 手足がしびれてうまく動かなかったり、歩きにくくなる病気です。首の前を切開して神経の圧迫を取る前方固定術や後ろを切って神経の圧迫をとる椎弓形成術などを行っています。

    • <骨粗鬆症による胸腰椎圧迫骨折>
    • ほとんどは安静で治りますが、強い痛みがとれない場合や足がしびれてうまく動かない場合は、脊柱再建術などを行っています。

    【変形性関節症】

    薬や運動療法、関節注射を行います。痛みが強く、日常生活が不自由な場合は人工関節などの手術を行います。

    • <変形性股関節症>
    • 手術は、金属の股関節(臼蓋+大腿骨頭)を挿入する人工股関節置換術を行います。全身麻酔で行い、大腿骨のやや後方の皮膚を切開、変形している部分を展開し、大腿骨頭を摘出します。そして、変形している臼蓋(股関節のお椀の部分)を削り、人工の臼蓋を挿入して固定します。また、大腿骨側には、人工の骨頭を挿入します。

    • <変形性膝関節症>
    • 手術は、金属の膝関節を挿入する人工膝関節置換術を行います。全身麻酔や腰椎麻酔・硬膜外麻酔で行い、人工の膝関節を挿入して固定します。

    詳しくは、以下のサイトを閲覧してください。

    人工関節ドットコム

    関節ネット

    【骨折などの外傷(けが)】

    緊急の場合は24時間開設している当院救急救命センターで診察・治療を行います。骨折については、ギプスなどで治療できる場合と手術をした方が良い場合があります。個々の患者様の状態に即した治療法を選ぶように最大限の努力をしています。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。
    また、小さな切開で負担の少ない手術を目指しています。

    今後の取り組み
    【脊椎疾患】

    昭和39年の森健躬医師に始まり、田島宝、森山明夫と続いて静岡市内の脊椎専門病院として治療を行ってきました。今後も最善の手術成績をあげられるように、地に足のついた脊椎・脊髄の治療を行っていくつもりです。

    • 入院期間の短縮
    • 骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折の治療
    • 検診などによる頚髄症の早期発見と治療
    【高齢者の病気・疾患】

    高齢者に多い頚髄症、腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症、変形性関節症、大腿骨頸部骨折などに積極的に取り組んでいきます。

    この診療科にかかりたい方はこちらへ病診連携についてのご案内


    ページトップへ