現在地

初診の方・再診の方へー診療のご案内ー/当院での受診の流れ、診療科をご案内しています。診療科案内では担当医、診療内容がご確認できます。

診療科紹介

担当医

補職名 氏名 出身大学 学会認定医等
副院長
部長
岡本 好史
おかもと よしちか
名古屋大
(昭和63年卒)
医学博士
日本外科学会専門医・認定医
日本消化器外科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
部長 鈴村 潔
すずむら きよし
名古屋大
(平成6年卒)
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本乳癌学会認定医
麻酔科標榜医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医長 土屋 智敬
つちや とものり
熊本大
(平成14年卒)
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本胆道学会指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本乳癌学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター
医長 西前 香寿
にしまえ かずみ
札幌医大
(平成15年卒)
医学博士
日本外科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本乳癌学会認定医
日本乳癌学会乳腺専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医長 中村 勇人
なかむら はやと
岩手医大
(平成17年卒)
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医長 川上 次郎
かわかみ じろう
名古屋大
(平成18年卒)
日本外科学会専門医
日本食道学会食道科認定医
医師
臨床検査科長
寺崎 正起
てらさき まさき
金沢大
(昭和55年卒)
医学博士
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医
日本消化器病学会指導医・専門医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会名誉指導医
日本胆道学会指導医
医師 河野 秀俊
こうの ひでとし
横浜市立大
(平成25年卒)
検診マンモグラフィ読影認定医

ページトップへ

外来担当医表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 土屋 智敬 鈴村 潔 寺崎 正起 岡本 好史 鈴村 潔
2診 中村 勇人 西前 香寿 土屋 智敬 中村 勇人 西前 香寿
3診 岡本 好史
(予約のみ)
川上 次郎 河野 秀俊 川上 次郎
午後診
<予約制>
乳腺外来
14:00~16:00
休診・代診・異動情報

土曜、日祝日、年末年始(12/29~1/3)は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

ページトップへ

外科の紹介

乳腺外来のお知らせ
  • ※乳腺のしこりが気になる
  • ※検診希望
  • ※乳癌セカンドオピニオン   等々お気軽にご相談ください。
  • 「予約制」
  • 「毎週金曜日14時から16時」
  • 「担当医師交代制」です。

午前の診察も予めのご相談で出来る限り対応いたします。

◆当院では、マンモグラフィー(乳房X線)は女性の診療放射線技師が撮影します。

施設認定
  • 日本外科学会外科専門医制度指定施設
  • 日本外科学会認定医修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本乳癌学会関連施設
診療についての基本方針

 癌の治療について、告知、インフォームドコンセントを通し、個々の患者さまに合わせたオーダーメイド治療を目指しています。また、緩和治療にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

主要な疾患に対する治療法
【食道癌】

 進行食道癌に対しては3領域郭清を、早期食道癌に対しては2領域郭清による機能温存手術を行います。

【胃癌】

 上部消化管造影検査、内視鏡検査-生検、超音波内視鏡にて診断し、治療方法を決定しています。早期癌に対しては、内視鏡的切除、部分切除、腹腔鏡下手術を行っています。進行癌に対しては、リンパ節廓清を含めた積極的な切除を行い、進行度に応じた術後化学療法を行っています。

【大腸癌】

 早期癌を中心に、症例を選んで腹腔鏡下手術を積極的に取り入れ低侵襲手術を施行しています。進行癌に対しては、転移巣も含めた切除と化学療法を併用し治癒率の向上を目指しています。

【肝癌、胆道癌、膵癌】

 肝癌、胆道癌、膵癌に対しても積極的に治療(切除+術後化学療法)を行っています。高難度の症例に対しては、名古屋大学腫瘍外科や静岡がんセンターと連携し治療に当たっています。また転移性肝癌に対しては積極的に切除を行う一方、非切除例も含め外来化学療法室を中心に集学的治療を行っています。

【乳癌】

「当院の乳癌治療の方針」については、こちらをご覧ください。

【腹腔鏡下手術】

胃、大腸疾患、胆石症や胆嚢炎、急性虫垂炎、腸閉塞(イレウス)、尿膜管遺残などに対して、安全性に十分配慮した上で腹腔鏡下手術を行っています。

手術件数
術式 2015年 2016年 2017年 2018年
乳癌手術 48 45 72 66
胃切除術
(うち腹腔鏡下)
13
(4)
13
(4)
13
(6)
18
(5)
胃全摘術
(うち腹腔鏡下)
4
(1)
8
(0)
6
(0)
8
(1)
結腸切除術
(うち腹腔鏡下)
66
(37)
53
(33)
55
(34)
58
(39)
直腸切除・切断術
(うち腹腔鏡下)
13
(8)
32
(16)
27
(15)
20
(19)
肝切除術 7 12 9 20
膵頭十二指腸切除術 4 2 5 11
膵体尾部切除術 2 0 2 1
脾臓摘出
(うち腹腔鏡下)
0
(0)
1
(1)
0
(0)
4
(3)
胆嚢摘出術
(うち腹腔鏡下)
65
(63)
53
(49)
73
(71)
52
(51)
総胆管切石術
(うち腹腔鏡下)
1
(0)
0
(0)
1
(1)
1
(1)
虫垂切除術
(うち腹腔鏡下)
50
(48)
52
(51)
67
(66)
46
(40)
腹膜炎手術
(うち腹腔鏡下)
17
(5)
18
(5)
11
(2)
20
(4)
腸閉塞手術
(うち腹腔鏡下)
35
(22)
41
(25)
32
(21)
43
(17)
ヘルニア根治術
(うち腹腔鏡下)
86
(34)
108
(44)
120
(62)
125
(63)
肛門疾患手術 14 16 13 8

ページトップへ

NCD事業への参加について

 当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
 この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
 この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

この診療科にかかりたい方はこちらへ病診連携についてのご案内


ページトップへ