現在地

初診の方・再診の方へー診療のご案内ー/当院での受診の流れ、診療科をご案内しています。診療科案内では担当医、診療内容がご確認できます。

診療科紹介

担当医

補職名 氏名 出身大学 学会認定医等 専門領域
科長 木村 亮輔
きむら りょうすけ
三重大
(平成15年卒)
日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
日本泌尿器内視鏡学会技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
泌尿器科一般
腹腔鏡下手術
医長 土井 亘
どい わたる
昭和大
(平成19年卒)
日本泌尿器科学会専門医 泌尿器科一般
医師 藤川 正弘
ふじかわ まさひろ
新潟大
(平成26年卒)
泌尿器科一般
非常勤医師 深谷 由江
ふかや よしえ
山梨大
(平成17年卒)
日本泌尿器科学会専門医 泌尿器科一般
非常勤医師 竹中 俊介
たけなか しゅんすけ
東京医歯大
(平成18年卒)
日本医師会認定産業医
日本泌尿器科学会専門医
泌尿器科一般
女性泌尿器科
補職名 氏名 出身大学 学会認定医等 専門領域
女性泌尿器科科長 宮下 由紀恵
みやした ゆきえ
東邦大
(平成5年卒)
日本泌尿器科学会専門医
日本泌尿器科学会指導医
泌尿器科一般
女性泌尿器科

ページトップへ

外来担当医表

  • ★再診予約制(初診の電話予約が可能です)(詳細はこちら)
  • ★担当医(左 第1、3、5曜日/右 第2、4曜日)
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 木村 亮輔 土井 亘 土井 亘 木村 亮輔 宮下/深谷
2診 土井 亘 宮下/藤川 藤川 正弘 深谷 由江 竹中 俊介
3診 藤川 正弘
午後診
<予約制>
ストーマ外来
(第4金曜日のみ)
休診・代診・異動情報

土曜、日祝日、年末年始(12/29~1/3)は休診です。
※急病等での交代はご容赦ください。

【休診】
医師名 休診日
竹中 俊介 11月24日(金)
宮下 由紀恵 12月1日(金)

※代診なし

ページトップへ

泌尿器科の紹介

現在、常勤医3名(木村、土井、藤川)非常勤医2名(深谷、竹中)で診療にあたっております。泌尿器科では前立腺癌、腎癌、膀胱癌といった癌の治療、腎盂腎炎、前立腺炎などの尿路感染症の治療、前立腺肥大症などの排尿障害に対する治療、腎結石、尿管結石などの結石治療等をおこなっております。高齢化社会の到来により泌尿器科分野の疾患は増加傾向であり、今後も泌尿器科の役割はますます大きくなると考えております。皆様のQOL(人生の質)の向上のため、安全、確実かつ低侵襲な治療に努めております。 

診療内容
患者さまの負担が少ない手術方法を取り入れています
腹腔鏡下手術
 腹腔鏡手術はおなかに小さな穴をあけ炭酸ガスにておなかを膨らまし、穴からカメラや器具を入れて行う手術です。従来の開腹手術にくらべ創が小さく痛みが少ないため社会復帰が早く、また創が目立たないのが特徴です。
 現在、当科にておこなっている腹腔鏡下手術には、腹腔鏡下前立腺全摘術、腎摘出術、腎部分切除術、副腎摘出術、腎尿管全摘術 内精静脈結さつ術、腎盂形成術、があります。
腹腔鏡下前立腺全摘除術
 2010年3月より開始しました。創が小さく、身体にやさしい手術です。術後は次の日から歩行可能、食事可能です。腹腔鏡下前立腺全摘出術では一般的に術後の尿失禁がやや多いことが問題とされておりましたが、技術の向上により術後尿失禁の出現頻度は従来の開腹前立腺全摘術と同等となっております。2013年12月までに約130例を施行しています。 この手術は施設基準を取得していない施設では全額自費診療となりますが、当科では2010年7月に静岡市内では初めて「腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術」の施設基準を取得することにより、保険診療が可能となりました。
(詳細はこちら)
臍部単孔式腹腔鏡手術
 腹腔鏡手術は通常3~5ヵ所の穴をあけておこないますが、当科ではさらに低侵襲な治療をめざし穴の数をへらしたRedused Port Surgery や1ヵ所の穴だけで手術を行う単孔式腹腔鏡手術(Laparo-endoscopic Single-site Surgery :LESS)への取り組みを始めております。
 2014年4月現在、精索静脈瘤に対する腹腔鏡下内精静脈結さつ術はこの単孔式手術で行っておりますが、順次適応となる手術を拡大していく予定です。
主な疾患に対する治療方法です
尿路結石症
 結石のサイズにより自然排石可能か検討し、不可能なら体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を主に第一選択とし、破砕困難であれば内視鏡での結石破砕(TUL)をおこないます。また、結石の再発予防のための食事療法指導、運動療法指導を行います。
前立腺肥大症
 まず薬物療法を行う場合が大半です。改善しなければ全身状態が許す限り経尿道的手術(TUR-P)を行い、排尿障害の改善に努めています。
尿路悪性腫瘍

 #前立腺癌:病期、年齢、全身状態に合わせて手術療法、放射線療法、ホルモン療法を選択します。手術療法は前述の通り腹腔鏡下前立腺全摘術を行います。放射線療法では放射線科と連携し外照射を行っております。また、小線源療法を希望される方は対応している施設にご紹介いたします。ホルモン療法抵抗性前立腺癌に対しては、化学療法を併用します。
 PSA(前立腺の腫瘍マーカー)高値の方は精密検査として前立腺生検を行います。当院では1泊2日の入院でおこなっております。

 #膀胱癌:病期・状態に応じて手術、放射線、化学療法を選択します。表在性膀胱癌に対する手術は経尿道的膀胱腫瘍切除術、浸潤性膀胱癌に対しては膀胱全摘除術が基本となります。膀胱全摘後の尿路変向法としては尿管皮膚ろう、回腸導管、新膀胱造設術から年齢や、がんの状態を考慮して選択します。膀胱癌に対する標準化学療法としてGC療法をおこなっております。

 #腎盂癌・尿管癌:腎尿管全摘術が標準術式です。当科ではほぼ全例で腹腔鏡下手術を行っております。また転移、再発例に対しては膀胱癌と同様の化学療法をおこなっております。

 #腎癌:まず外科的切除が基本となります。手術は大半が腹腔鏡手術となりますが腫瘍が非常に大きい場合や腎静脈に腫瘍が進展している場合などは開腹手術を選択します。転移・浸潤等の場合は免疫療法(インターフェロン・インターロイキン)、分子標的薬(スニチニブ、ソラフェニブ等)の加療を行います。

男性不妊症
 生殖医療技術の進歩により無精子症の方でも精子を採取し、体外受精(In Vitro Fertilization:IVF)で妊娠可能なケースが増えております。俵IVFクリニックと連携し生殖医療専門の増田裕医師(藍野病院泌尿器科部長、大阪医大非常勤講師、生殖医療専門医)が顕微鏡下精巣内精子回収法(MD-TESE)を施行しています。(当院での専門外来は行っておりません。)負担費用は、自費診療となるため21万円となります。
「男性不妊症外来」のご案内はこちら
【スト-マ外来】 担当: 創傷・オストミー・失禁管理専門看護師 (WOCナース)
 人工肛門や人工膀胱 (ストーマ)の手術を受けた方は、新しい排泄の管理が必要となります。そのため、手術前から社会復帰に至るまで専門ナースがストーマのケアや合併症対策の管理をサポートします。生活の様々な不安や悩みなどを含め、皆様の生活の質(QOL:Quality of a life of Life)の維持と向上を目指しております。その他に褥瘡や失禁にも専門的視野でサポートします。
◆専門外来:第4金曜日午後(予約制)
【排泄ケア外来】 
詳細はこちら
【病診連携】
 診療所・クリニックと病院で、それぞれの機能を最大限に生かし診療に望みます。平成23年度より病診連携パス(ウロネット)を利用し地域診療の充実を図っています。
手術件数
術式 2011年 2012年 2013年 2014年 2003 ~
2014年
総数
経尿道的前立腺手術 38 49 28 21 835
経尿道的膀胱腫瘍切除 76 76 61 78 641
腹腔鏡下副腎摘除術 2 1 1 0 22
腹腔鏡下腎尿管全摘除術 5 1 4 4 57
腹腔鏡下腎摘除術 6 13 14 13 93
腹腔鏡下腎盂形成 1 4 2 0 12
腹腔鏡下内精静脈結紮術 4 1 3 5 20
開腹腎摘除術 0 1 1 0 31
腹腔鏡下前立腺全摘除術 38 34 26 18 148
前立腺全摘除術 0 0 0 0 108
膀胱全摘除術 回腸導管 3 0 1 3 37
皮膚瘻 1 1 0 1 11
新膀胱 0 0 1 0 7
経尿道的尿管結石砕石術(TUL) 42 60 68 56 500
経尿道的膀胱結石砕石術 13 14 14 12 86
経皮的腎結石砕石術(PNL) 1 1 0 0 23
高位精巣摘除 5 3 2 5 33
女性尿失禁手術(TVT・TOT手術) 33 25 23 16 199
骨盤臓器脱手術(TVM手術) 102 75 73 24 465
腹腔鏡下膣仙骨固定術 2 11 33 8 54
ESWL 223 182 183 156 1809
MD-TESE 9 10 15 12 62
前立腺生検 141 143 128 98 808

(2009年より前立腺生検を掲載)

この診療科にかかりたい方はこちらへ病診連携についてのご案内


ページトップへ