現在地

病院からのお知らせ

お知らせ

静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」に小柴真一医師が出演しました

6月15日(木)放送の静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」の「なるほど健康塾」のコーナーに小柴真一医師(救命救急科)が出演し、『梅雨の時期から注意 熱中症』をテーマに症状や予防法、対処法について解説しました。熱中症は気温がそれほど高くなくても湿度が高いと起こりやすく、体育館や住宅内での事故も多く発生しています。特に高齢の方は感覚が鈍くなってしまうため、周りの人が気づいてあげることが大切です。

症状

熱中症は暑さに体が適応できず起こる状態の総称で、以下のような症状があらわれます。
「熱けいれん」 筋肉のけいれん
「熱疲労」 頭痛、吐き気、息苦しくなって手足がしびれる
「熱射病」 呼びかけに反応しない
ぼーっとしている、話の受け答えがおかしい、体温が40℃以上ある場合は救急車を呼ぶ必要があります。

予防法・対処法
予防法

・こまめに水分を摂る
・汗をたくさんかいた時は塩分も摂る
・室温が30℃を超えたら冷房を使用する
・普段から軽い運動をして、汗をかく習慣をつける

対処法

・応急処置として首や脇、足の付け根を冷やす
・近くに冷房が効いた場所など涼しい環境があれば移動する
・症状が回復しない場合は、病院で治療を受ける

テレビ出演(6月) テレビ出演(6月)


 

(2017年6月16日掲載)


ページトップへ