現在地

病院からのお知らせ

お知らせ

静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」に伊藤英人医師が出演しました

9月21日(木)放送の静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」の「なるほど健康塾」のコーナーに伊藤英人医師(整形外科)が出演し、『要介護予備軍 ロコモ を防ぐ』をテーマに症状や予防法について解説しました。ロコモとは「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の略称で、高齢化社会において問題となる症状の1つです。トレーニングを習慣にすることで改善に繋がります。

症状

・骨や関節、筋肉、脊椎など体を動かす際に関わる部分に障害が生じ「立つ」「歩く」といった機能が低下する

・ロコモによる運動不足によって、生活習慣病の予備軍である「メタボリックシンドローム」「認知症」にもなりやすくなる

以下の項目に1つでも当てはまるものがあれば、ロコモの可能性があります

・片足立ちで靴下が履けない
・家の中でつまずいたり滑ったりする
・階段を上がるのに手すりが必要
・家のやや重い仕事が困難(掃除機の使用 布団の上げ下ろしなど)
・2kg程度(牛乳パック2本分)の買い物をして持ち帰ることが困難
・15分くらい続けて歩くことができない
・横断歩道を青信号で渡りきれない

予防法

・太ももやお尻の筋肉をつける「スクワット」でトレーニングをする
  ①足を肩幅より少し広めに開く
  ②5秒かけ椅子に座るように腰を落とす
  ③腰を落とした状態を3秒維持し、5秒かけて元の位置に戻る
  ※5~6回を1セットとし1日に3セットを目安に行いましょう
  ※大変な場合は、机に手をついて行うなど安全に気を付けて行いましょう
・ウォーキングなどの運動をする
・日常生活でも階段を使うなど、体を動かす習慣をつける
・バランスのとれた食事を摂る

テレビ出演(9月) テレビ出演(9月)


 

(2017年9月22日掲載)


ページトップへ