現在地

病院からのお知らせ

お知らせ

静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」に山田実医師が出演しました

12月21日(木)放送の静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」の「なるほど健康塾」のコーナーに山田実医師(循環器内科)が出演し、『冬に急増 ヒートショックに注意』をテーマに原因や予防法について解説しました。暖かい場所から寒い所に行くなど、急激に温度が変化すると血圧が上下に大きく変動します。それにより失神や不整脈、最悪の場合急死してしまう状態がヒートショックの症状となります。

自宅での寒暖差に注意

リビングなど暖房をしている所は20℃前後、暖房をしていない所は10℃前後、冬は家の中で10℃以上の温度差があります。特に暖房が効いておらず、肌を露出する「浴室」と「トイレ」はヒートショックが起こりやすいので気を付けましょう。

予防法

●温度差をなくす
・脱衣所やトイレに暖房器具を置く
(浴槽にお湯を入れる時、シャワーを使うと浴室全体が温まる)
●お風呂の温度はぬるめに、37℃~40℃くらいがよい
●食事直後、飲酒後の入浴は控える
・食後1時間以内や飲酒時は血圧が下がりやすい
●家族の見守り
・家族がヒートショックを起こしてしまったら、まず救急車を呼びましょう。入浴中の場合は、お湯を飲まないようにするため、顔が浴槽に浸からないようにしたり、浴槽のお湯を抜きましょう。

テレビ出演(12月) テレビ出演(12月)


 

(2017年12月25日掲載)


ページトップへ