現在地

病院からのお知らせ

講座・研修

静岡済生会総合病院 市民公開講座2017

2017年9月2日開催 脳疾患シリーズvol.2「脳卒中にならないために」

9月2日(土)「脳卒中にならないために」をテーマに吉井副院長(神経内科部長)が予防について解説しました。

「脳卒中」は脳の血管に起こる病気の総称で、血管が詰まる「脳梗塞」、血管が破れる「脳出血」「くも膜下出血」を指します。世界的に主要な死因であり、後遺症の心配もある病気のため、日頃から「予防」を心がける必要があります。

予防法は「健康的な体を作るだけでなく脳にも良い作用がある」ため運動をおすすめします。運動の習慣化が難しい場合でも、階段の上り下り、ペットの散歩などの日常活動も効果があるため、なるべく体を動かすことを意識しましょう。また、「コレステロールに影響する腸内環境を整える食品を積極的に摂る」など、質の良い食事も大切な要素です。運動・食生活の改善は高血圧、高脂血症など「生活習慣病」を防ぎ、脳卒中だけでなく多くの病気を予防することにもつながるため、ぜひ一度見直してみてください。

公開講座(9月) 公開講座(9月)

2017年7月8日開催 脳疾患シリーズvol.1「手術で改善できる認知症」

7月8日(土)「手術で改善できる認知症」をテーマに石山病院長(脳神経外科部長)が認知症の種類と特徴について解説しました。

今回手術で改善できる認知症として挙げられたものの1つに「特発性正常圧水頭症(iNPH)」があります。 これは脳を衝撃から守る脳脊髄液が過剰に溜まってしまい、周囲の脳細胞を圧迫することによって起こる病気で、歩行障害、認知症、尿失禁といった症状がみられます。

その一方で、iNPHは早期に発見し手術をすることで「改善する病気」とも言われています。手術は過剰に溜まった脳脊髄液を腹腔や心房に排出する「シャントチューブ」を体内に埋め込むというもので、当院では脳に傷をつけることのないL-Pシャント(腰椎―腹腔シャント)を積極的に選択しています。 認知症の判断、治療には正しい検査やテストを受ける必要があります。もしかして?と思ったら脳神経外科へご相談ください。

公開講座(7月) 公開講座(7月)

2017年2月5日開催 「笑いと健康~和歌に癒される~」

2月5日(日)グランシップにて市民公開講座を開催しました。「笑いと健康」をテーマに 田中章義先生(歌人)と竹内隆浩医師(血液内科部長)が日本の歌や食の文化をもとに健康について解説しました。

竹内医師は「和歌食物本草」やスーパーフードなどを紹介。 健康保持や体質改善のため、体質・体調に応じて栄養を考えた食事を摂ったり、節制する「食養生」がまとめられた「和歌食物本草」(江戸時代初期)には、静岡県を代表する苺、お茶、鰻などの歌が詠まれています。現在はスーパーフードなどの食品も手軽に手に入りますので、健康に良いものをおいしく食べたいですね。

歌人の田中先生は、さまざまな年齢の方が詠んだ短歌や川柳を紹介。105歳の方の歌はユーモアにあふれ、「なるほど」といった共感の声や笑顔が会場に広がりました。食とあわせて大事なのは「笑い」。笑うことは、がん細胞をやっつける「NK細胞」が活性化され免疫力がアップすると言われています。 和歌や川柳などは何歳からでも始められます。その年齢でしか詠めない歌もあります。身近な食べ物や生活の一コマを気軽に歌にしてみましょう。

公開講座(2月) 公開講座(2月)

静岡済生会総合病院 市民公開講座2016

2016年10月15日開催「乳がんはひとごとですか?」

10月15日(土)乳がんの早期発見・治療を啓発するピンクリボン月間に合わせて「乳がん」に関する市民公開講座を開催しました。今回は当院の医師・看護師・医療ソーシャルワーカーから検診と治療、乳房再建、薬による副作用との付き合い方、医療費制度などについてお話させていただきました。乳がんは「日本人女性の12人に1人が罹患(りかん)する」とされています。日ごろのセルフチェックや定期的な検診が大切です。なお、10月中はピンクリボンツリーも飾りました。

ピンクリボンとは?

ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療・乳がん患者やその家族を支援するシンボルマークです。
10月はピンクリボン月間となっており、世界各地で啓発イベントが実施されます。

市民公開講座2016 ピンクリボンツリー
        

外来糖尿病栄養講座

 臨床栄養科では、当院外来通院中の糖尿病患者さまを対象に「外来糖尿病栄養講座」を開催しています。食事をとりながら糖尿病の食事療法(個人の適正量・食べ方)について学び、問題点をチェックしてみましょう。
 ぜひ、ご参加ください。

対象 当院外来通院中の糖尿病患者さま
※腎症のある方は食事内容が異なるため、対象となりません。
日時 毎月第4木曜日(祝日は変更あり) 11:30~13:00
費用 栄養指導料(健康保険適用210円~630円)+食費(350円)
※患者さまにより、多少の変動があります。
申し込み方法 各科外来窓口へ
問い合わせ先 静岡済生会総合病院 臨床栄養科(栄養相談室)   
電話:054-285-6171(代表)
平日:8:30~17:15

※定員は10名(家族含む)の為、定員になり次第締め切りとなります。詳しい日程は、外来窓口でご確認ください。

(2010年9月24日)


ページトップへ