現在地

病院からのお知らせ

敷地内禁煙案内

皆様の健康を守る立場から

禁煙

 静岡済生会総合病院は、喫煙は喫煙者と喫煙者の周囲の方の健康を害するものと考えます。 また、2003年5月から施行された健康増進法には、「多数の者が利用する施設を管理する者は、受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない」と規定されています。
これまでも院内は「分煙」としておりましたが、受動喫煙の防止の措置としては不完全であり、皆様の健康を守る立場として、よりよい環境を目指し「敷地内禁煙」にすることが適当であると考えました。

2003年4月1日から敷地内禁煙

禁煙看板

静岡済生会総合病院は、2003年4月1日より「敷地内禁煙」となりました。繰り返しますが、病院を利用される方の意思とは関わりなく強いられる「受動喫煙」を防止するための措置であることをご理解下さい。また、これを機会に一人でも多くの方が禁煙するきっかけとなることも望んでおります。

私達職員も敷地内では喫煙しません。病院に出入りされる方にも遵守していただくようお願いします。


ページトップへ