現在地

静岡済生会総合病院の理念・病院概要/理念や基本方針から認定、評価まで、当院の概要をお知らせいたします。

医療の質の指標

静岡済生会総合病院 病院指標


当院はDPCデータから、全国統一の定義と形式に基づいた病院指標を自ら作成し、情報公開を進めています。この指標の公開は、医療の質向上および当院の特徴、急性期医療の現状を理解していただく事を目的としています。

【DPC/PDPS(診断群分類別包括支払制度)とは】
入院患者さんの病名や症状をもとに、手術や処置などの診療行為の有無に応じて厚生労働省が定めた1日当たりの定額点数から入院医療費を計算する制度です。 この制度に基づくデータが、DPCデータと言われるもので、定期的に厚生労働省に提出しています。
DPCの制度では、疾患を一定の定義に従って18種類に分類(主要診断群分類)し、さらに診療内容などにより14桁のDPCコードへ細分化します。 そのため、各指標で表記されているDPCコードおよび名称と診療科の名称が合致しない場合があります。

  • 平成28年度
  • 平成27年度


  • 平成28年度 静岡済生会総合病院 病院指標

    【対象データ】
    平成28年度(平成28年4月1日~平成29年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計対象としています。
    ただし、健康保険(公費、生活保護を含む)を使用した患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんは含まれません。

    定義・用語説明(平成28年度)

    1. 1.年齢階級別退院患者数
    2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
    6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
    年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
    年齢
    区分
    0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 902 239 374 614 787 949 1749 2138 2038 590
    【解説】
    当院は、静岡市駿河区唯一の公的医療機関であり、地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しております。
    特に小児の患者さんは、静岡医療圏において小児専門病院に次ぐ患者数となっております。
    また、60歳以上の患者さんが病院全体の6割を超えており、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
    診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

    ■内分泌代謝科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 40 11.28 14.61 0.00% 65.43 糖尿病教育入院
    100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 16.09 13.78 0.00% 59.18
    100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 10 14.30 14.91 0.00% 68.10  
    100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 11.48  
    100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 16.31  
    【解説】
    糖尿病治療をこれから始める方、糖尿病コントロールの悪い方、進行した糖尿病合併症のある方に必要な糖尿病教育入院の患者さんが多くいらっしゃいます。当院には糖尿病専門スタッフ(糖尿病認定看護師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士)が複数おり、日常生活の指導、自己血糖測定指導、インスリン自己注射指導、服薬指導などを行っております。
    ■小児科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 78 5.38 6.02 0.00% 1.17 小児肺炎・急性気管支炎
    140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 73 6.44 6.18 0.00% 0.00
    150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 53 3.91 5.50 0.00% 4.70
    0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 5.56 5.79 0.00% 3.48  
    140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 51 10.47 8.28 1.96% 0.00  
    【解説】
    当科では、気管支炎や肺炎といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっております。 2番目に多い症例は、羊水大量吸引症候群や新生児黄疸などの新生児疾患ですが、DPCコードは出生体重によって細分化されているため患者数が分散されております。出生体重による細分化を除外すると、当科で最も多い疾患となります。当院は、地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児の受け入れが多くなっております。
    ■外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 7.21 9.08 1.59% 69.62
    060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 37 7.84 7.89 0.00% 47.49
    060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 29 4.76 5.6 0.00% 35.69
    060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 7.00 7.61 0.00% 63.37
    060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 24 10.71 9.91 0.00% 53.25
    【解説】
    当院では救急医療に力を注いでいることもあり、当科ではイレウス(腸閉塞)、大腸憩室炎、虫垂炎、胆嚢炎などの腹部救急疾患の入院症例が上位を占めています。イレウスは点滴や経鼻チューブなどで保存的に治癒することも多い疾患ですが、手術が必要となった場合は可能な限り腹腔鏡下手術を行い良好な成績を得ています。憩室炎はほとんどが抗生剤投与などの保存的治療で治癒します。虫垂炎はDPC分類の影響で症例が分散していますが、トータルではイレウスに次ぐ症例数です。虫垂炎、胆嚢炎については手術適応があれば、ほぼ全例腹腔鏡下手術を行っています。この他に虫垂炎同様DPC分類の影響で上位に入ってきませんが、大腸癌、乳癌の症例も多数入院加療しています。
    ■整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 190 20.29 27.63 66.84% 83.37 大腿骨頸部骨折手術
    160760xx97xx0x 前腕の骨折
    手術あり 副傷病なし
    79 3.58 5.49 0.00% 53.99 橈骨遠位端骨折手術
    160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 60 22.80 20.57 48.33% 76.93
    070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 57 4.28 3.07 1.75% 70.75 ミエログラフィー
    160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 51 3.84 4.37 0.00% 70.75
    【解説】
    最も多い症例は、大腿骨骨折で骨折手術や人工骨頭挿入手術などを行っている症例です。高齢化に伴い骨粗鬆症などで転倒により生じやすい病気です。地域連携病院と治療計画を共有(地域連携パス)することで、リハビリ病院などへ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。外傷患者、救急患者の受け入れが多くなっています。
    ■形成外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 4.33 5.80 0.00% 26.87 鼻骨骨折手術
    080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 11.15 11.97 15.38 81.92
    080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 10 17.10 18.22 0.00 60.90
    080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1あり 61.48
    070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 5.94
    【解説】
    当科で最も多い症例は、顔面損傷で鼻骨や頬骨・下顎骨など顔面の骨折が該当します。
    治療は手術による観血的整復術と、傷を作らない徒手整復術があり、平均在院日数も短く早期に退院している患者さんが多くなっております。
    ■脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 9.53 7.52 1.89% 56.40
    010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 24.55 19.35 40.43% 66.77
    160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 11.93 9.87 7.14% 67.69
    160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 18 23.94 22.08 5.56% 80.17
    010040x199x01x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 13 70.00 33.91 69.23% 75.31
    【解説】
    1番目に多い症例は、脳振盪や外傷性くも膜下出血や急性硬膜下血腫でも手術に至らなかった症例が該当します。 次いで多い症例は、非外傷性の脳出血で脳の視床や被殻といったところからの出血が多くみられます。出血量が多い場合には手術(脳内血栓除去術)を選択することもあります。急性期を脱し状態が落ち着くと、リハビリ目的に転院する割合が高くなっています。 次いで、外傷性慢性硬膜下血腫や外傷性脳内血腫、外傷性くも膜下出血などとなっています。
    ■胸部・心臓血管外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 23 2.70 3.34 0.00% 62.52 下肢静脈瘤抜去術
    050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 13.50 17.39 0.00% 68.21  
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 12.27 17.95 0.00% 80.64  
    050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 24.7  
    040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 10.09  
    【解説】
    最も多い症例は、下肢静脈瘤に対し血管内焼灼術(レーザーや高周波焼灼術)や静脈抜去術を行った症例が該当します。患者さんの症状や状態に合わせ、ほとんどは外来での日帰り手術で行っており、年間約350例あります。(入院ではありませんので、上記統計には表れません。)
    次に多い症例は、下肢閉塞性動脈硬化症に対し血栓除去や血管移植、バイパス移植を行った症例が該当します。動脈硬化症・下肢の虚血については、軽症から重症まで、外来通院から入院まで、内服・運動治療からカテーテル治療・手術・点滴治療まで、と全般にわたっての診断・治療を進めております。
    4番目に多い症例は、大動脈弁や僧帽弁の狭窄症・閉鎖不全症に対し弁置換術などを行った症例が該当します。人工心肺を使用する大がかりな手術のため、平均在院日数も比較的長い疾患になります。
    ■産婦人科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 126 9.21 9.88 0.00% 33.87 帝王切開術
    120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 42 8.93 9.77 0.00% 33.45
    120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 36 10.72 10.05 0.00% 45.03
    120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 32 31.25 32.16 0.00% 33.50
    120140xxxxxxxx 流産 29 2.55 2.43 0.00% 33.79
    【解説】
    最も多い症例は、既往術後妊娠や骨盤位などにより帝王切開が必要となった症例が該当します。当院ではパスを使用しており8泊9日で退院される患者さんが多いです。
    当院は地域周産期母子医療センターに指定されており、周産期に関する患者を多く受け入れています。
    ■眼科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 26 15.12 10.53 0.00% 55.58
    020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 21 14.24 8.27 0.00% 57.48
    020370xx99xxxx 視神経の疾患 手術なし 17 3.76 11.09 0.00% 58.71
    020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 16 15.69 9.15 0.00% 72.13
    020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 16 13.31 7.01 0.00% 67.44
    【解説】
    白内障をはじめとして、網膜剥離、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術など、眼科疾患全般に幅広く対応しています。当科で最も多い症例は、白内障ですがDPC対象症例ではない(短期滞在手術等基本料3に該当)ため、上記の表には含まれません。 また、救命救急センターを併設しているため外傷などの救急疾患も多く受け入れております。
    ■耳鼻咽喉科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    030428xxxxxxxx 突発性難聴 98 12.59 9.37 0.00% 58.19 突発性難聴
    030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 78 6.12 5.50 0.00% 39.63
    030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 65 5.65 5.24 0.00% 64.28
    030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 41 9.12 8.12 0.00% 20.32
    030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 8.34 7.47 0.00% 54.38
    【解説】
    最も多い症例の突発性難聴は、副腎皮質ホルモンの投与を中心に血管拡張剤などの点滴と、高気圧酸素療法などを組み合わせて治療を行います。点滴自体は10日間なので全国平均と変わりありませんが、当院の平均在院日数が全国よりも長いのは、当院は高気圧酸素治療室を有しており、遠方からの紹介患者さんが多く、毎日の通院が困難にて入院のまま継続していただいているのが要因と考えられます。駿河区・葵区の患者さんはほぼ10日間の入院です。
    2番目に多い症例は、扁桃周囲膿瘍や急性化膿性扁桃炎などで抗生剤などの点滴による治療を行った症例が該当します。 3番目に多い症例は、耳性めまいやメニエール病が含まれます。
    ■神経内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 80 19.91 16.54 21.25% 69.03
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 22.84 21.25 19.35% 85.00
    010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 17.68 18.76 10.53% 74.21
    010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 15 8.13 6.38 0.00% 74.60
    010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 12.79 7.12 7.14% 58.79
    【解説】
    1番目と3番目の症例は脳梗塞です。エダラボン(脳保護剤)投与による治療の症例が多数となります。副傷病の有無で分かれています。急性期を脱した後、後遺障害のリハビリ目的のために転院する割合が高くなっております。
    2番目に多い誤嚥性肺炎は、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などを併存し嚥下機能障害がみられる患者さんに発生しやすい病気です。平均年齢も高く、症状が安定した後も転院し治療継続される患者さんが多いのも特徴です。
    ■皮膚科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    080020xxxxxxxx 帯状疱疹 54 8.20 8.96 0.00% 66.00 帯状疱疹
    080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 47 12.19 11.97 2.13% 62.81  
    080080xxxxxxxx 痒疹、蕁麻疹 6.58  
    080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし 11.28  
    050170xx99001x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 18.12  
    【解説】
    最も多い症例の帯状疱疹は痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患で、抗ウイルス薬による治療を行います。
    次いで多い急性膿皮症は細菌感染で起こる蜂巣炎や丹毒です。外来治療では十分な治療を行えない重症患者さんの入院治療を行っております。
    ■泌尿器科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 81 7.16 7.44 0.00% 74.79 経皮的膀胱腫瘍切除術
    11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 64 5.70 5.83 3.13% 61.69 経尿道的尿管結石採石術
    11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 61 1.02 2.82 0.00% 54.79 ESWL日帰りESWL1泊
    110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 45 9.56 12.43 2.22% 76.64
    11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 28 10.96 7.08 7.14% 74.18
    【解説】
    最も多い症例は、膀胱癌に対し経尿道的膀胱腫瘍切除を行った症例です。このほか、膀胱全摘手術や全摘後の尿路変向法など、年齢やがんの状態を考慮し選択しております。
    次いで尿管結石や腎結石となっており、内視鏡での結石破砕(TUL)、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行う症例です。結石の再発予防のための食事療法指導や運動指導も行っております。
    ■呼吸器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 18.89 21.25 24.32% 85.41
    040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 26 26.50 19.92 7.69% 72.35
    040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 24 4.33 3.68 0.00% 68.29
    040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 18.37 13.85 5.26% 79.68
    040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2なし 15 23.13 23.87 13.33% 67.40
    【解説】
    最も多い症例は肺炎、特に高齢の患者さんにみられる誤嚥性肺炎です。様々な基礎疾患を有する患者さんが多くいです。2番目に多い症例は間質性肺炎で,特発性間質性肺炎,膠原病肺,過敏性肺臓炎などの診療を行っております。3番目に多いのは肺の悪性腫瘍です。手術適応がある場合には他院と連携して治療を行います。化学療法・放射線療法・免疫療法については,当院で実施しております。
    ■循環器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 210 2.63 3.06 0.00% 68.11 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
    050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 96 5.42 4.71 1.04% 72.91 冠動脈治療(PCI)橈骨
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 20.36 17.95 6.49% 80.51
    050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 16.91 13.02 0.00% 69.02
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 20.33 21.25 16.28% 85.40
    【解説】
    も多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院で、当科全症例の3割以上を占めます。この検査の結果、心臓カテーテル治療が必要となった症例が2番目に多い症例に該当します。
    虚血性心疾患の症例が多くなっており、緊急手術にも対応しております。
    ■不整脈科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 106 5.17 5.51 0.00% 59.31 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)
    050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 9.36 11.38 2.00% 72.72 ペースメーカー・ICD新規植え込み手術
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 17.71 17.95 4.76% 75.86
    050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 4.64 7.92 0.00% 70.36
    050130xx97000x 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 24.62
    【解説】
    最も多い症例は、心室期外収縮や心房細動などの頻脈性不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行った症例です。また、心室性不整脈を有する方では突然死のリスクがあるため、必要に応じて植え込み型除細動器(ICD)の移植も行っております。
    次いで多い徐脈性不整脈は、房室ブロックや洞不全症候群などに対しペースメーカー移植術などを行った症例です。インターネット回線を通じて、自宅にいる患者さんの情報を見ることができるホームモニタリングシステムも順次導入しており、異常を早期に発見することができ、将来的には患者さんの通院負担軽減に役立つと期待されています。
    ■腎臓内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 44 27.55 21.25 43.18% 87.73
    110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 33 37.70 37.06 3.03% 65.55
    110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 18.69 12.84 0.00% 66.07
    110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 6.68 8.87 0.00% 68.61
    110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 26 7.35 7.58 0.00% 58.81
    【解説】
    慢性腎不全で透析を行っている患者さんで、透析シャントが狭窄・閉塞し、シャント拡張術・血栓除去を行った症例が多くなっております
    当院では、透析センターを有していることから、血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っております。
    慢性腎不全などの腎臓疾患は、ほかの病気との関連が多いことも特徴であるため、様々な診療科と連携して治療を行っております。
    ■血液内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 41.96
    130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 16.83
    130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 36.08
    130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 21.92
    130040xx97x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術あり 手術・処置等25あり 43.48
    【解説】
    疾患別症例数では、非ホジキンリンパ腫(18例)、急性白血病(15例)、骨髄異形成症候群(10例)の順に多いのですが、同じ疾患でも治療が異なるためDPCコードが異なり、患者数が分散したため、このような順位となっております。
    特殊な薬剤を使用しなければならない症例などは、DPC対象外となってしまい、上記表には含まれませんが、当科では様々な血液疾患を診療しております。
    ■消化器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 11.41 11.06 1.20% 71.99
    060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 10.55 7.44 0.00% 68.57
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 22.58 21.25 12.50% 84.68
    060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 9.03 10.93 0.00% 73.22
    060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 35 6.29 7.89 2.86% 69.40
    【解説】
    最も多い症例は、総胆管結石性胆管炎や急性胆管炎などで内視鏡による治療を行ったものとなります。
    消化管の緊急症例に多く対応しております。
    ■緩和診療科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 26.64 21.25 14.29% 84.93
    110070xx99x0xx 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 10.42
    040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14.93
    100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.33
    110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 12.43
    【解説】
    ガンと向き合う患者さんの苦痛を和らげ、その人らしく暮らしていけるようサポートする医療を提供しております。悪性腫瘍に対する緩和目的の診療を行っております。
    初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 19 - - 20 - - 1 7
    大腸癌 14 - - 20 51 32 1 7
    乳癌 33 - - - - 10 1 7
    肺癌 - - - 33 17 - 1 7
    肝癌 - 13 - - - 24 1 7
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    【解説】
    5大癌とは、日本で発症症例が多いとされる5つの癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の事をいいます。 UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発巣の大きさと浸潤度)、N(所属リンパ節への転移状況)、M(遠隔転移の有無)を評価し、これらの要素によってがんを病期Stage0~StageⅣに分類しています。
    外科では胃癌、大腸癌、乳癌の患者さんが多く、消化器内科では肝癌の患者さんを多く診療しています。
    肺癌に関しては、平成28年度より呼吸器内科の常勤医師が着任いたしましたので前年度よりかなり症例数が増加しました。
    肝癌の再発症例が多いのは、肝動脈塞栓術などを目的とする患者さんが繰り返し入院されることが要因と考えられます。
    当院は、健康管理センターを併設しており早期発見・早期治療を目指しております。
    癌が見つかってからも、手術や化学療法、放射線療法、緩和治療など、個々の患者さんに合わせた治療を目指しております。
    成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
      患者数 平均
    在院日数
    平均年齢
    軽症 25 9.96 50.60
    中等症 136 17.78 80.07
    重症 61 34.36 84.97
    超重症 28 33.14 83.75
    不明
    【解説】
    当院の成人市中肺炎の患者さんは、中等症から重症にかけて割合が高い傾向です。平均年齢も高く、A-DROPスコアの年齢の評価項目に該当しているためと考えられます。また、重症度に比例して平均在院日数も長くなっています。
    脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
    ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 17 8.00 74.71 0.00%
    その他 - - - -
    G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I63$ 脳梗塞 3日以内 201 25.46 74.41 29.72%
    その他 11 36.45 76.09 0.47%
    I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
    その他 - - - -
    【解説】
    中でもI63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計全体の8割以上を占めています。平均年齢が75歳と後期高齢者の方が多くなっています。
    急性期を脱し症状が落ち着くと3割程度の患者さんがリハビリ専門病院などへ転院します。また、5割程度の患者さんは、そのまま自宅へ退院されています。
    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

    ■小児科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 135 0.00 16.76 4.44% 0.00
    K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 44 0.00 23.55 4.55% 0.00
    K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
    K2762 網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき) - - - - -
    K653-2 食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの) - - - - -
    【解説】
    当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けております。NICUでの新生児医療分野では、極小未熟児から成熟児を中心とした新生児急性疾患を多数受け入れているため、新生児に関する手術が多くなっております。
    ■外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K6335 鼠径ヘルニア手術 59 0.92 2.22 0.00% 71.78 鼠径ヘルニア2泊鼠径ヘルニア3泊
    K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 1.42 4.53 0.00% 61.67 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
    K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 30 1.07 3.40 0.00% 58.60
    K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 30 0.33 3.43 0.00% 35.97
    K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 5.21 18.55 0.00% 70.03 結腸切除術
    【解説】
    鼠径ヘルニア手術は患者さんの年齢・全身状態・ご希望などを考慮し、鼠径部切開による従来法か腹腔鏡下手術かを選択しています。虫垂切除術は全例、胆嚢摘出術は一部の腫瘍を疑う症例を除いて全例を腹腔鏡下に施行しています。大腸癌(結腸癌・直腸癌)の手術例も多く、安全性・根治性を考慮して積極的に腹腔鏡下手術を行っています。この他に乳癌、胃癌といった症例の多い癌もガイドラインに沿って手術を行っています。
    腹腔鏡下手術は患者さんの体への負担に配慮した低侵襲手術であり、当科では安全性に十分配慮したうえで施行しています。
    ■整形外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0461 骨折観血的手術 肩甲骨,上腕,大腿 145 1.48 19.48 59.31% 82.01 大腿骨頸部骨折手術
    K0462 骨折観血的手 (前腕,下腿,手舟状骨 94 1.63 13.32 5.32% 54.60 橈骨遠位端骨折手術
    K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕,下腿 67 0.97 1.24 0.00% 48.39
    K0811 人工骨頭挿入術 股 67 3.00 17.34 68.66% 81.61 大腿骨頸部骨折手術
    K0731 関節内骨折観血的手術 肩,股,膝,肘 53 1.68 14.79 30.19% 60.58
    【解説】
    1、2位の術式に対する症例の多くは大腿骨骨折です。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。
    当科では地域連携病院と治療計画を共有することで、術後、リハビリ病院等へ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
    ■形成外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 下腿 11 1.00 3.55 0.00% 62.36 皮膚軟部腫瘍摘出術
    K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - -
    K016 動脈(皮)弁術,筋(皮)弁術 - - - - -
    K0021 デブリードマン 100cm2未満 - - - - -
    K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) - - - - -
    【解説】
    1位は良性腫瘍に対する摘出術です。入院期間を短くし、患者さんの入院の負担軽減に努めております。
    ■脳神経外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 32 3.13 13.47 3.13% 79.03
    K1742 水頭症手術 シャント手術 18 10.78 26.11 27.78% 78.00
    K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 12 0.67 46.08 58.33% 64.33
    K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの - - - - -
    K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - - - - -
    【解説】
    救命救急センターを併設しておりますので、救急疾患の割合が多く、頭部外傷と脳血管障害で入院される患者さんが多くを占めています。そのため、それら疾患に対する手術数が多くなっています。
    当科では早期より神経内視鏡手術を導入し、特発性正常圧水頭症に対しLPシャント(腰椎-腹腔短絡術)を積極的に選択しています。
    ■胸部・心臓血管外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 19 4.68 10.63 0.00% 71.89
    K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 16 0.44 1.19 0.00% 62.38
    K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 10 1.90 8.30 0.00% 73.10
    K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 10 2.60 2.00 0.00% 67.90
    K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - - - - -
    【解説】
    当科では「下肢静脈瘤・血管治療センター」を開設し、下肢静脈瘤および末梢動脈を含めた血管疾患全般の診療を積極的に行っています。手術数もそれら該当疾患に対するものが上位となっております。
    2位の下肢静脈瘤の手術に関しまして、新しいレーザー治療装置と高周波治療装置を使用し、合併症が少なく、疼痛や皮下出血といった症状も格段に少なくなりました。95%以上の患者さんが外来での日帰り手術となり、この統計には表れてきません。 入院の場合でも、入院期間は一泊二日です
    ■産婦人科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K8982 帝王切開術 選択帝王切開 155 4.99 6.94 0.00% 34.05 帝王切開術
    K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 79 2.61 7.32 0.00% 33.35 帝王切開術
    K877 子宮全摘術 37 1.00 8.41 0.00% 47.78 腹式単純子宮全摘術
    K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 開腹によるもの 31 1.68 8.61 0.00% 49.13
    K867 子宮頸部(腟部)切除術 27 0.89 1.93 0.00% 42.00
    【解説】
    当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。ハイリスク妊娠・分娩の管理入院、緊急母体搬送など可能な限り対応していますので、予定・緊急共に帝王切開術の術数が多くなっています。
    ■眼科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 439 0.04 1.92 0.00% 74.36 白内障
    K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 63 0.90 13.81 0.00% 59.65
    K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 42 0.76 11.29 0.00% 65.17
    K281 増殖性硝子体網膜症手術 11 1.45 14.00 0.00% 47.00
    K224 翼状片手術 弁の移植を要するもの - - - - -
    【解説】
    1位は白内障に対する手術です。短期滞在手術等基本料3に該当する手術であり、入院期間を短くすることによって、患者さんの入院の負担を軽減できるよう努めております。
    次いで網膜剥離、糖尿病性網膜症などに対して施行される手術となっております。
    ■耳鼻咽喉科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K3772 口蓋扁桃手術 摘出 42 1.00 7.10 0.00% 21.38 扁桃摘出術
    K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 20 1.00 6.20 0.00% 53.65 慢性副鼻腔炎手術
    K3932 喉頭腫瘍摘出術 直達鏡によるもの 14 1.29 1.86 0.00% 61.21 喉頭顕微鏡下手術
    K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 13 1.08 6.15 0.00% 55.85
    K368 扁桃周囲膿瘍切開術 11 0.55 5.36 0.00% 46.64
    【解説】
    1位は扁桃炎を繰り返す方、もしくは手術にて睡眠時無呼吸の大幅な改善が見込める方に行う手術です。
    次いで慢性副鼻腔炎に対する手術です。原則的にまずは薬物治療を2~3ヶ月行い、効果が得られない場合は入院していただき鼻内内視鏡を用いて手術を行います。
    3位は声帯ポリープ・喉頭腫瘍等を直達喉頭鏡を用いて切除する手術となっております。
    ■泌尿器科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 113 0.00 0.39 0.00% 53.80 ESWL日帰りESWL1泊
    K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 84 2.39 3.99 0.00% 74.88 経皮的膀胱腫瘍切除術
    K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 49 1.84 13.55 12.24% 73.61
    K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 41 1.22 3.56 4.88% 60.46 経尿道的尿管結石採石術
    K7812 経尿道的尿路結石除去術 その他のもの 24 2.17 2.67 0.00% 64.17
    【解説】
    1位は尿路結石症に対する手術です。体への負担が少なく、日帰り入院可能な手術となり患者さんの負担が軽減されます。体外衝撃波結石破砕術で結石が破砕困難であれば、4位の術式である内視鏡での破砕を行います。
    次いで膀胱がんに対する手術となっております。病期・状態に応じて手術、放射線、化学療法を選択します。
    ■循環器内科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 77 4.39 4.19 2.60% 73.56 冠動脈治療(PCI)橈骨
    K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 45 0.13 15.42 0.00% 71.64
    K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 26 0.08 20.08 3.85% 71.81
    K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 14 9.57 4.00 0.00% 71.36
    K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
    【解説】
    虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の手術が上位を占めました。
    一刻を争う緊急治療も数多く対応しています。
    ■不整脈科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺、心外膜アプローチを伴うもの 67 2.03 3.15 0.00% 60.09 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)AF
    K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 49 2.59 3.04 0.00% 60.16 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)PSVT
    K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 36 2.64 10.39 5.56% 76.83 ペースメーカー・ICD新規植え込み術
    K597-2 ペースメーカー交換術 11 1.00 2.55 9.09% 70.73
    K5991 植込型除細動器移植術 経静脈リードを用いるもの - - - - -
    【解説】
    1、2位は頻脈性不整脈に対する手術です。カテーテルアブレーションと呼ばれます。この手術のような最新の侵襲的治療と薬物療法を中心とした非侵襲的治療をうまく組み合わせながら患者さんにとってよりよい方向に進むような治療を行っていきます。
    3位は徐脈性不整脈に対する手術です。ペースメーカーを移植された患者さんの情報をインターネット回線を通じてみることができるホームモニタリングシステムも順次導入しております。
    ■腎臓内科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 86 0.80 4.13 10.47% 70.72
    K610-3 内シャント設置術 85 9.94 20.20 7.06% 68.72 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
    K721 1 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 2cm未満 - - - - -
    K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
    K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
    【解説】
    当院では透析センターを有しており、血液透析に必要なバスキュラー・アクセス(シャント)関連の診療が多く見られます。また、他医療機関で透析治療を行っている患者さんのシャントトラブルの紹介も多く見られます。
    手術に関してはやはりこの疾患に対するものが上位を占めています。
    ■消化器内科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K654 内視鏡的消化管止血術 51 0.78 8.76 1.96% 72.86
    K688 内視鏡的胆道ステント留置術 46 1.96 18.17 4.35% 73.93
    K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 40 2.30 7.23 0.00% 69.90
    K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 33 3.45 4.70 0.00% 73.15
    K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等) 選択的動脈化学塞栓術 23 4.65 8.04 0.00% 75.74
    【解説】
    当科は内視鏡的治療を積極的に施行しております。
    高齢者の患者さんが増加しており、より低侵襲の検査・治療、入院期間の短縮を心がけております。
    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

      
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
    異なる - -
    180010 敗血症 同一 44 0.42%
    異なる 26 0.25%
    180035 その他の真菌感染症 同一 - -
    異なる - -
    180040 手術・処置等の合併症 同一 147 1.42%
    異なる - -
    【解説】
    播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症はDPCにて高額な点数が設定されており、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な高額点数の請求)を疑われかねない病名とされ、DPC/PDPS傷病名コーディングテキスト(厚生労働省保険局医療課発行)でも明記されております。
    厚生労働省による平成27年度DPC対象病院データ集計では、全症例に対する各疾患の割合は、播種性血管内凝固症候群0.17%、敗血症0.58%、その他真菌症0.04%、手術・処置などの合併症0.72%と公開されております。
    全国値と比べ当院は、敗血症は同等、播種性血管内凝固症候群とその他真菌症は低く、手術・処置等の合併症は高い結果となりました。 この手術・処置等の合併症に該当した症例の6割が、透析シャント狭窄や閉塞の患者さんです。透析センターを有し血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っている当院ではどうしても多くなってしまう症例です。入院契機と「異なる」場合の症例は少ないので、当初の目的のための手術や処置を行ったあと発生した合併症は少ないと考えられます。
    手術や処置などは、合併症を起こさないよう細心の注意を払って診療・治療を行っております。臨床上ゼロにするのは難しいことですが、より確率が低くなるよう最善を尽くしてまいります。


    平成27年度 静岡済生会総合病院 病院指標

    【対象データ】
    平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)中に当院を退院した患者さんのデータを集計対象としています。
    ただし、健康保険(公費、生活保護を含む)を使用した患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等の患者さんは含まれません。

    1. 1.年齢階級別退院患者数
    2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
    3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5. 5.脳梗塞のICD10別患者数等
    6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
    7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
    年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

    定義・用語説明

    年齢
    区分
    0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
    患者数 831 219 392 649 715 852 1657 2167 1711 467
    【解説】
    当院は、静岡市駿河区唯一の公的医療機関であり、地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しております。 特に小児の患者さんは、静岡医療圏において小児専門病院に次ぐ患者数となっております。 また、60歳以上の患者さんが病院全体の6割を超えており、症状が比較的重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
    診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

    定義・用語説明

    ■内分泌代謝科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 69 10.16 15.35 0.00% 62.62 糖尿病教育入院
    100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 8.91 14.20 0.00% 49.27
    100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) - - 14.30 - -  
    【解説】
    糖尿病治療をこれから始める方、糖尿病コントロールの悪い方、進行した糖尿病合併症のある方に必要な糖尿病教育入院の患者さんが多くいらっしゃいます。当院には糖尿病専門スタッフ(糖尿病認定看護師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士)が複数おり、日常生活の指導、自己血糖測定指導、インスリン自己注射指導、服薬指導などを行っております。
    ■小児科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 119 5.82 5.72 0.00% 1.71 小児肺炎・急性気管支炎
    140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 67 6.19 6.17 7.46% 0.00
    040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 6.29 6.31 0.00% 4.45 小児喘息様気管支炎
    【解説】
    当科では、肺炎や喘息といった小児呼吸器疾患の症例が多くなっています。 2番目に多い症例は、羊水大量吸引症候群や新生児黄疸などの新生児疾患ですが、DPCコードは出生体重によって細分化されているため患者数が分散されています。出生体重による細分化を除外すると、当科で最も多い疾患となります。当院は、地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児の受け入れはとても多くなっています。
    ■外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 56 7.09 9.17 1.79% 71.55
    060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 30 16.57 17.41 0.00% 73.87 結腸切除術
    060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等
    腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
    29 6.86 7.84 0.00% 56.14 腹腔鏡下胆のう摘出術
    【解説】
    当科で最も多い入院症例は、手術を行わずに治療した腸閉塞(イレウス)です。点滴や経鼻チューブなどで保存的に治療しています。すべての症例が予定外・緊急入院ですが、平均在院日数も短く早期に退院しています。手術が必要となった場合は可能な限り腹腔鏡下手術を行い良好な成績を得ています。
    次いで多い症例は結腸の悪性腫瘍です。全国癌統計において、結腸癌は男性4位、女性2位の死亡数の多い病気です。症例を選んで腹腔鏡下手術を積極的に取り入れ低侵襲手術を施行しています。進行癌に対しては、転移巣も含めた切除と化学療法を併用し治癒率の向上を目指しています。
    3番目に多い症例には、急性胆嚢炎・胆石性胆嚢炎などが該当します。診療ガイドラインに沿って安全性に十分配慮した上で腹腔鏡下手術を行っています。
    ■整形外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 184 25.17 28.70 70.65% 82.83 大腿骨頸部骨折手術
    160760xx97xx0x 前腕の骨折
    手術あり 副傷病なし
    89 4.35 5.70 0.00% 53.93 橈骨遠位端骨折手術
    070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 73 3.16 3.11 0.00% 69.41 ミエログラフィー
    【解説】
    最も多い症例は、大腿骨骨折で骨折手術や人工骨頭挿入手術などを行っている症例です。高齢化に伴い骨粗鬆症などで転倒により生じやすい病気です。地域連携病院と治療計画を共有(地域連携パス)することで、リハビリ病院などへ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
    2番目に多い症例は、前腕の骨折ですが橈骨遠位端骨折が多くを占め、骨折手術や術後しばらくしてから固定に使用したボルトを抜く手術をした症例が含まれます。
    3番目に多い症例は、腰部脊柱管狭窄症に対し脊髄造影検査を行った症例です。この検査により、手術の必要性や治療法を検討します。
    ■形成外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 11 4.82 5.86 0.00% 28.09 鼻骨骨折手術
    020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 3.54
    070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 6.14
    【解説】
    当科で最も多い症例は、顔面損傷で鼻骨や頬骨・下顎骨など顔面の骨折が該当します。
    治療は手術による観血的整復術と、傷を作らない徒手整復術があり、平均在院日数も短く早期に退院している患者さんが多いです。
    ■脳神経外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 47 12.02 10.02 2.13% 74.57
    160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 12.76 7.52 6.52% 50.52
    010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 26.28 19.32 38.46% 63.85
    【解説】
    1番目に多い症例は、外傷性慢性硬膜下血腫や外傷性脳内血腫、外傷性くも膜下出血などが該当します。
    2番目に多い症例は、脳振盪や外傷性くも膜下出血や急性硬膜下血腫でも手術に至らなかった症例が該当します。
    3番目に多い症例は、非外傷性の脳出血で脳の視床や被殻といったところからの出血が多くみられます。出血量が多い場合には手術(脳内血栓除去術)を選択することもあります。急性期を脱し状態が落ち着くと、リハビリ目的に転院する割合が高くなっています。
    ■胸部・心臓血管外科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 副傷病なし 30 2.90 3.46 0.00% 69.53 下肢静脈瘤抜去術
    050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 13.25 17.43 6.25% 75.00  
    050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 15 34.87 25.69 0.00% 70.00  
    【解説】
    最も多い症例は、下肢静脈瘤に対し血管内焼灼術(レーザーや高周波焼灼術)や静脈抜去術を行った症例が該当します。患者さんの症状や状態に合わせ、ほとんどは外来での日帰り手術で行っており、年間約350例あります。
    次に多い症例は、下肢閉塞性動脈硬化症に対し血栓除去や血管移植、バイパス移植を行った症例が該当します。動脈硬化症・下肢の虚血については、軽症から重症まで、外来通院から入院まで、内服・運動治療からカテーテル治療・手術・点滴治療まで、と全般にわたっての診断・治療を進めています。
    3番目に多い症例は、大動脈弁や僧帽弁の狭窄症・閉鎖不全症に対し弁置換術などを行った症例が該当します。人工心肺を使用する大がかりな手術のため、平均在院日数も比較的長い疾患になります。
    ■産婦人科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 122 9.48 9.94 0.00% 33.35 帝王切開術
    120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 44 21.52 20.87 2.27% 30.07 出産後
    120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2なし 42 20.31 31.78 0.00% 32.12 帝王切開術
    【解説】
    1番目に多い症例は、既往術後妊娠や骨盤位などにより帝王切開が必要となった症例が該当します。当院ではパスを使用しており8泊9日で退院される患者さんが多いです。
    2番目に多い症例は、切迫早産などで安静目的の入院、3番目に多い症例は、切迫早産で帝王切開によって出産となった症例が該当します。安静目的の入院のため、平均在院日数が長くなる傾向にあります。
    ■眼科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 30 15.63 11.08 0.00% 58.03
    020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 25 13.16 8.62 0.00% 54.84
    020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 17 14.94 7.99 0.00% 67.88
    【解説】
    白内障をはじめとして、網膜剥離、糖尿病性網膜症に対する硝子体手術など、眼科疾患全般に幅広く対応しています。当科で最も多い症例は、白内障ですがDPC対象症例ではない(短期滞在手術等基本料3に該当)ため、上記の表には含まれません。
    また、救命救急センターを併設しているため外傷などの救急疾患も多く受け入れています。
    加齢黄斑変性症に対する抗VEGF療法(ルセンティス、アイリーア硝子体注射)にも対応しています。
    ■耳鼻咽喉科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    030428xxxxxxxx 突発性難聴 94 14.11 9.60 0.00% 59.26 突発性難聴
    030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 83 5.81 5.53 0.00% 37.96
    030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 74 4.70 5.31 0.00% 64.32
    【解説】
    最も多い症例の突発性難聴は、副腎皮質ホルモンの投与を中心に血管拡張剤などの点滴と、高気圧酸素療法などを組み合わせて治療を行います。点滴自体は10日間なので全国平均と変わりありませんが、当院の平均在院日数が全国よりも長いのは、当院は高気圧酸素治療室を有しており、遠方からの紹介患者さんが多く、毎日の通院が困難にて入院のまま継続していただいているのが要因と考えられます。駿河区・葵区の患者さんはほぼ10日間の入院です。
    2番目に多い症例は、扁桃周囲膿瘍や急性化膿性扁桃炎などで抗生剤などの点滴による治療を行った症例が該当します。
    3番目に多い症例は、耳性めまいやメニエール病が含まれます。
    ■神経内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 118 21.89 18.08 25.42% 73.66
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 23.64 21.69 20.00% 82.12
    010060x099040x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 20 27.40 20.87 40.00% 72.15
    【解説】
    1番目と3番目の症例は脳梗塞ですが、行った治療がエダラボン(脳保護剤)投与によるものと、t-PA治療(血栓溶解療法)かによって分けられています。急性期を脱した後、後遺障害のリハビリ目的のために転院する割合が高くなっております。
    2番目に多い誤嚥性肺炎は、脳梗塞後遺症やパーキンソン病などを併存し嚥下機能障害がみられる患者さんに発生しやすい病気です。平均年齢も高く、症状が安定した後も転院し治療継続される患者さんが多いのも特徴です。
    ■皮膚科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    080020xxxxxxxx 帯状疱疹 46 8.41 8.97 0.00% 67.70 帯状疱疹
    080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 36 13.22 11.97 2.78% 62.81  
    161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 3.71  
    【解説】
    最も多い症例の帯状疱疹は痛みを伴う紅斑や水疱を症状とする疾患で、抗ウイルス薬による治療を行います。
    次いで多い急性膿皮症は細菌感染で起こる蜂巣炎や丹毒です。外来治療では十分な治療を行えない重症患者さんの入院治療を行っております。
    ■泌尿器科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 141 1.63 2.89 0.00% 53.84 ESWL日帰りESWL1泊
    110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 68 7.16 7.59 0.00% 73.04 経皮的膀胱腫瘍切除術
    11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 63 5.40 5.91 0.00% 62.03 経尿道的尿管結石採石術
    【解説】
    最も多い症例は、尿管結石や腎結石に体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行った症例です。破砕困難な場合は、内視鏡での結石破砕(TUL)を行います。これは3番目の症例に該当します。また、結石の再発予防のための食事療法指導や運動指導も行っております。
    2番目に多い症例は、膀胱癌に対し経尿道的膀胱腫瘍切除を行った症例です。このほか、膀胱全摘手術や全摘後の尿路変向法など、年齢やがんの状態を考慮し選択しています。
    ■循環器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 191 2.76 3.07 0.00% 68.88 冠動脈造影検査(CAG)橈骨
    050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 91 5.82 4.87 1.10% 70.49 冠動脈治療(PCI)橈骨
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 22.66 18.30 3.45% 80.78
    【解説】
    最も多い症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査のための入院で、当科全症例の3割以上を占めます。この検査の結果、心臓カテーテル治療が必要となった症例が2番目に多い症例に該当します。
    3番目に多い症例は心不全です。平均年齢も高いため、急性期を脱してもケアが必要な患者さんも多く、転院して治療継続されています。
    ■不整脈科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 118 5.36 5.68 0.00% 61.79 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)
    050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 9.69 11.76 0.00% 71.08 ペースメーカー・ICD新規植え込み手術
    050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 14.14 18.30 0.00% 77.10
    【解説】
    最も多い症例は、心室期外収縮や心房細動などの頻脈性不整脈に対して経皮的カテーテル心筋焼灼術(アブレーション)を行った症例です。また、心室性不整脈を有する方は突然死のリスクがあるため、必要に応じて植え込み型除細動器(ICD)の移植も行っております。
    次いで多い徐脈性不整脈は、房室ブロックや洞不全症候群などに対しペースメーカ移植術などを行った症例です。インターネット回線を通じて、自宅にいる患者さんのペースメーカ情報を見ることができるホームモニタリングシステムも順次導入しており、異常を早期に発見することができ、将来的には患者さんの通院負担軽減に役立つと期待されています。
    ■腎臓内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 87 4.86 3.40 19.54% 71.78 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
    040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 60 20.03 14.34 8.33% 80.90
    110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 33 23.12 13.64 3.03% 65.36
    【解説】
    最も多い症例は、慢性腎不全で透析を行っている患者さんで、透析シャントが狭窄・閉塞し、シャント拡張術・血栓除去を行った症例が該当します。当院では、透析センターを有していることから、血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っています。
    慢性腎不全などの腎臓疾患は、ほかの病気との関連が多いことも特徴であるため、様々な診療科と連携して治療を行っています。
    ■血液内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 11 9.91 14.34 0.00% 70.64
    130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 10 66.30 43.59 0.00% 68.90
    130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 23.04
    【解説】
    最も多い症例は肺炎ですが、当科での診療はベースに血液疾患を持つ患者さんが多いのが特徴です。
    疾患別症例数では、非ホジキンリンパ腫(18例)、急性白血病(15例)、骨髄異形成症候群(10例)の順に多いのですが、同じ疾患でも治療が異なるためDPCコードが異なり、患者数が分散したため、このような順位となっています。
    特殊な薬剤を使用しなければならない症例などは、DPC対象外となってしまい、上記表には含まれませんが、当科では様々な血液疾患を診療しております。
    ■消化器内科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 11.61 10.93 3.39% 77.32
    040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 56 22.48 14.34 10.71% 80.13
    060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 11.28 11.00 0.00% 71.94
    【解説】
    最も多い症例は、総胆管結石性胆管炎や急性胆管炎などで内視鏡による治療を行ったものとなります。
    3番目に多い症例は、出血性胃潰瘍や十二指腸潰瘍など消化管からの出血にて内視鏡による止血を行った症例です。
    2番目に多い症例の肺炎は、当科特有の疾患ではありませんが、呼吸器内科が不在の期間(2016年4月より再開)、内科系診療科で協力して治療を行っていました。
    ■緩和診療科
    DPCコード DPC名称 患者数 平均
    在院日数
    (自院)
    平均
    在院日数
    (全国)
    転院率 平均年齢 患者用パス
    040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 22 19.95 14.34 27.27% 82.27
    040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 23.73 21.69 13.64% 86.05
    060060xx99x0xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 18 7.06 12.94 0.00% 80.28
    【解説】
    ガンと向き合う患者さんの苦痛を和らげ、その人らしく暮らしていけるようサポートする医療を提供する緩和医療科ですが、呼吸器内科が不在の期間(2016年4月より再開) 肺炎・誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患を多く診療しました。
    3番目に多い症例は、胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍(胆管癌、胆嚢癌など)に対し、手術や化学療法は行っていない緩和医療による症例となります。
    初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

    定義・用語説明

    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
    胃癌 17 - - 25 10 13 1 7
    大腸癌 - - - 23 43 38 1 6,7
    乳癌 21 19 11 - - 11 1 6,7
    肺癌 - - - - - - 1 7
    肝癌 10 13 - 10 - 30 1 7
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
    【解説】
    5大癌とは、日本で発症症例が多いとされる5つの癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の事をいいます。 UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発巣の大きさと浸潤度)、N(所属リンパ節への転移状況)、M(遠隔転移の有無)を評価し、これらの要素によってがんを病期Stage0~StageⅣに分類しています。
    外科では胃癌、大腸癌、乳癌の患者さんが多く、消化器内科では肝癌の患者さんを多く診療しています。 肺癌に関しては、平成27年度は呼吸器内科の常勤医師が不在のため患者さんが少なくなっています。 肝癌の再発症例が多いのは、肝動脈塞栓術などを目的とする患者さんが繰り返し入院されることが要因と考えられます。
    当院は、健康管理センターを併設しており早期発見・早期治療を目指しております。 癌が見つかってからも、手術や化学療法、放射線療法、緩和治療など、個々の患者さんに合わせた治療を目指しております。
    成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

    定義・用語説明

      患者数 平均
    在院日数
    平均年齢
    重症度 0 15 11.93 53.87
    重症度 1 41 18.05 79.56
    重症度 2 45 17.20 83.20
    重症度 3 39 16.87 83.00
    重症度 4 14 29.64 84.07
    重症度 5 - - -
    不明 12 19.17 79.83
    【解説】
    当院の成人市中肺炎の患者さんは、中等症から重症にかけて割合が高い傾向です。平均年齢も高く、A-DROPスコアの年齢の評価項目に該当しているためと考えられます。また、重症度に比例して平均在院日数も長くなっています。
    平成27年度は呼吸器内科の常勤医師が不在のため、肺炎の患者さんのほとんどは施設からの紹介などで緊急搬送された方です。よって高齢の患者さんも多く、重症度もおのずと高い患者さんが多かったと考えられます。
    脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

    定義・用語説明

    ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
    G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 14 5.93 70.71 0.00%
    G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
    I63$ 脳梗塞 3日以内 199 27.84 75.08 29.91%
    その他 15 24.93 70.80 2.34%
    I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
    I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
    I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
    I679 脳血管疾患,詳細不明
    【解説】
    中でもI63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計全体の8割以上を占めています。平均年齢が75歳と後期高齢者の方が多くなっています。
    急性期を脱し症状が落ち着くと3割程度の患者さんがリハビリ専門病院などへ転院します。また、5割程度の患者さんは、そのまま自宅へ退院されています。
    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

    定義・用語説明

    ■小児科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 102 0.00 13.76 0.98% 0.00
    K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 67 0.00 26.97 4.48% 0.00
    K7151 小児腸重積整復術 - - - - -
    【解説】
    当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。NICUでの新生児医療分野では、極小未熟児から成熟児を中心とした新生児急性疾患を多数受け入れているため、新生児に関する手術が多くなっています。
    ■外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 57 2.04 4.30 0.00% 57.79 腹腔鏡下胆のう摘出術
    K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 45 1.27 2.29 0.00% 69.87 鼠径ヘルニア2泊鼠径ヘルニア3泊
    K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 4.86 12.72 0.00% 74.28 結腸切除術
    【解説】
    1位・3位の腹腔鏡下手術は患者さんの体への負担に配慮した低侵襲手術であり、当科では安全性に十分配慮した上で施行しています。
    2位のヘルニア手術は短期滞在手術等基本料3に該当する手術であり、在院日数を短くし、患者さんの負担が少なくなるよう努めています。別のKコードとなるためここには掲載していませんが、腹腔鏡下ヘルニア手術も積極的に行っています。
    ■整形外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 129 1.36 19.75 58.14% 79.16 大腿骨頸部骨折手術
    K0811 人工骨頭挿入術(股) 73 3.67 22.71 75.34% 82.48 大腿骨頸部骨折手術
    K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 67 1.42 14.45 11.94% 52.81 橈骨遠位端骨折手術
    【解説】
    1、2位の術式に対する症例の多くは大腿骨骨折です。高齢者の骨折が増加している現在、手術が必要と考えられたら、全身状態がよければ可能な限り早く手術を行い、早期リハビリ、早期社会復帰を目指しています。
    当科では地域連携病院と治療計画を共有することで、術後、リハビリ病院等へ転院する患者さんが多くいらっしゃいます。
    ■形成外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(下腿) 16 0.88 7.75 0.00% 52.44 皮膚軟部腫瘍摘出術
    K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
    K016 動脈(皮)弁術,筋(皮)弁術 - - - - -
    【解説】
    1位は良性腫瘍に対する摘出術です。入院期間を短くし、患者さんの入院の負担軽減に努めています。
    ■脳神経外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 42 0.55 11.90 4.76% 77.17
    K1742 水頭症手術 シャント手術 18 8.28 21.00 0.00% 78.39
    K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 12 2.17 59.42 50.00% 76.17
    【解説】
    救命救急センターを併設しておりますので、救急疾患の割合が多く、頭部外傷と脳血管障害で入院される患者さんが多くを占めています。そのため、それら疾患に対する手術数が多くなっています。
    当科では早期より神経内視鏡手術を導入し、特発性正常圧水頭症に対しLPシャント(腰椎-腹腔短絡術)を積極的に選択しています。
    ■胸部・心臓血管外科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 23 6.83 18.65 8.70% 72.91
    K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 21 0.00 1.10 0.00% 68.48
    K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 13 2.00 3.23 0.00% 74.69
    【解説】
    当科では「下肢静脈瘤・血管治療センター」を開設し、下肢静脈瘤および末梢動脈を含めた血管疾患全般の診療を積極的に行っています。手術数もそれら該当疾患に対するものが上位となっております。
    2位の下肢静脈瘤の手術に関しまして、新しいレーザー治療装置と高周波治療装置を保険適用になったの機にいち早く導入しております。合併症が少なく、疼痛や皮下出血といった症状も格段に少なくなり、ほとんどの患者さんは外来での日帰り手術となっています。入院症例でも、入院期間は短縮して、患者さんにより負担の少ない治療を施行できます。
    ■産婦人科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K8982 帝王切開術 選択帝王切開 132 4.52 7.02 0.00% 34.39 帝王切開術
    K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 83 3.39 7.57 0.00% 30.52 帝王切開術
    K877 子宮全摘術 41 1.78 9.20 0.00% 52.02 腹式単純子宮全摘術
    【解説】
    当院は地域周産期母子医療センターの指定を受けています。ハイリスク妊娠・分娩の管理入院、緊急母体搬送など可能な限り対応していますので、予定・緊急共に帝王切開術の術数が多くなっています。
    ■眼科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 472 0.14 1.94 0.00% 74.33 白内障
    K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 70 1.21 13.49 0.00% 60.81
    K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 43 0.58 11.51 0.00% 61.81
    【解説】
    1位は白内障に対する手術です。短期滞在手術等基本料3に該当する手術であり、入院期間を短くすることによって、患者さんの入院の負担を軽減できるよう努めています。
    2、3位は網膜剥離、糖尿病性網膜症等に対して施行される手術です。
    ■耳鼻咽喉科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K3772 口蓋扁桃手術 摘出 31 0.97 6.16 0.00% 25.90 扁桃摘出術
    K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的副鼻腔手術) 16 0.94 5.63 0.00% 52.81 慢性副鼻腔炎手術
    K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 12 2.75 7.50 0.00% 60.83 喉頭顕微鏡下手術
    【解説】
    1位は扁桃炎を繰り返す方、もしくは手術にて睡眠時無呼吸の大幅な改善が見込める方に行う手術です。
    2位は慢性副鼻腔炎に対する手術です。原則的にまずは薬物治療を2~3ヶ月行い、効果が得られない場合は入院していただき鼻内内視鏡を用いて手術を行います。
    3位は声帯ポリープ・喉頭腫瘍等を直達喉頭鏡を用いて切除する手術です。
    ■泌尿器科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 141 0.10 0.53 0.00% 53.84 ESWL日帰りESWL1泊
    K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 77 2.52 6.25 0.00% 73.35 経皮的膀胱腫瘍切除術
    K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 39 1.97 2.95 0.00% 61.59 経尿道的尿管結石採石術
    【解説】
    1位は尿路結石症に対する手術です。体への負担が少なく、日帰り入院可能な手術となり患者さんの負担が軽減されます。体外衝撃波結石破砕術で結石が破砕困難であれば、3位の術式である内視鏡での破砕を行います。
    2位は膀胱がんに対する手術です。病期・状態に応じて手術、放射線、化学療法を選択します。
    ■循環器内科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 63 2.48 3.46 0.00% 69.68 冠動脈治療(PCI)橈骨
    K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 23 0.00 22.78 0.00% 72.35
    K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 20 0.15 14.45 0.00% 60.75
    【解説】
    虚血性心疾患に対する心臓カテーテル治療の手術が1~3位を占めました。
    一刻を争う緊急治療も数多く対応しています。
    ■不整脈科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 68 1.38 3.28 0.00% 60.74 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)AF
    K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 52 1.87 2.29 0.00% 63.65 経皮的心筋焼灼術(アブレーション)PSVT
    K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 28 3.57 9.79 0.00% 79.21 ペースメーカー・ICD新規植え込み術
    【解説】
    1、2位は頻脈性不整脈に対する手術です。カテーテルアブレーションと呼ばれます。この手術のような侵襲的治療と、薬物療法を中心とした非侵襲的治療をうまく組み合わせながら、患者さんにとってよりよい方向に進むような治療を行っていきます。
    3位は徐脈性不整脈に対する手術です。ペースメーカを移植された患者さんの情報をインターネット回線を通じてみることができる、ホームモニタリングシステムも順次導入しています。
    ■腎臓内科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 93 1.74 3.33 20.43% 71.09
    K610-3 内シャント設置術 46 7.04 14.54 2.17% 69.11 シャント造設術1泊シャント造設術2泊
    K6146 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 11 39.27 28.36 9.09% 70.27
    【解説】
    当院では透析センターを有しており、血液透析に必要なバスキュラー・アクセス(シャント)関連の診療が多く見られます。また、他医療機関で透析治療を行っている患者さんのシャントトラブルの紹介も多く見られます。
    手術に関してはやはりこの疾患に対するものが上位を占めています。
    ■消化器内科
    Kコード 手術名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均年齢 患者用パス
    K654 内視鏡的消化管止血術 51 0.18 12.10 0.00% 73.24
    K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 2.14 16.00 5.41% 78.22
    K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(2cm未満) 28 4.54 3.07 0.00% 72.68
    【解説】
    当科は内視鏡的治療を積極的に施行しています。
    高齢者の患者さんが増加しており、より低侵襲の検査・治療、入院期間の短縮を心がけています。
    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

    定義・用語説明

      
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
    異なる 13 0.13%
    180010 敗血症 同一 35 0.36%
    異なる 19 0.20%
    180035 その他の真菌感染症 同一 - -
    異なる - -
    180040 手術・処置等の合併症 同一 164 1.70%
    異なる - -
    【解説】
    播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血症はDPCにて高額な点数が設定されており、臨床的に根拠のある診断でなければアップコーディング(不適切な高額点数の請求)を疑われかねない病名とされ、DPC/PDPS傷病名コーディングテキスト(厚生労働省保険局医療課発行)でも明記されております。
    厚生労働省による平成26年度DPC対象病院データ集計では、全症例に対する各疾患の割合は、播種性血管内凝固症候群0.17%、敗血症0.56%、その他真菌症0.04%、手術・処置などの合併症0.70%と公開されております。
    全国値と比べ当院は、敗血症は同等、播種性血管内凝固症候群とその他真菌症は低く、手術・処置等の合併症は高い結果となりました。
    この手術・処置等の合併症に該当した症例の6割が、透析シャント狭窄や閉塞の患者さんです。透析センターを有し血液透析に必要なバスキュラーアクセス(シャント)関連の診療も多く行っている当院ではどうしても多くなってしまう症例です。入院契機と「異なる」場合の症例は少ないので、当初の目的のための手術や処置を行ったあと発生した合併症は少ないと考えられます。
    手術や処置などは、合併症を起こさないよう細心の注意を払って診療・治療を行っております。臨床上ゼロにするのは難しいことですが、より確率が低くなるよう最善を尽くしてまいります。
    更新履歴
    2017/10/19
    誤植を修正しました
    2017/9/29
    平成28年度DPCデータに基づく病院情報を公開しました
    2016/9/30
    誤植を修正しました
    2016/9/28
    平成27年度DPCデータに基づく病院情報を公開しました

    ページトップへ